よみうりランドV坂に異変あり?

Category : ロードバイク考
先週の日曜日は午前縛りで尾根幹を走ってきました。

スタートも午前9時過ぎと遅い時間だったので、小山田周回を反時計周り2周、時計周り1周で合わせて3周ほど。
どちらかというと追い込み系のトレーニングができました。時間がないときって、負荷高めのトレーニングか完全ポタモードかどちらかですよね(笑)

それにしても二桁斜度の坂になると遅すぎ自分(+_+)

少し足に疲労があったのですが、まだ少し登り足りなかったので、ランド坂に行ってきました。

IMG_0224.jpg

この日はよみうりランドにアイドルグループが来ていたようです。

さて、時間もそろそろ無くなってきたので、サクッと下って帰りましょう。

IMG_0225.jpg

写真がテキトー(笑)


実はランド坂に来た目的は、登り足りなかったからだけではありません。

これです。

IMG_0223.jpg

今年の2月1日から、午後9時から午前6時までの間、二輪車が通行禁止になるそうです。

ロードの登坂の練習場所が一つ減った―!などと一部自転車乗りの間では話題になりました。

まぁ、午後9時からですからね、近所のローディーなら多分影響は少ないんでしょうけど、遠方からわざわざ平日夜に登りに来る方にとっては残念なお知らせでしょう。

そもそも、この標識って、「自動二輪(原付含む)の通行禁止」だったと思うので、自転車は対象外だった気がするのですが・・・。
ただ、「自転車を除く」ってわざわざ注意書きがあるものも存在しますので、この場合はどうなんでしょう?
規制が始まる2月1日あたりはきっと警察の方もいらっしゃると思いますので、試しに走りに行って聞いてこようかな?


そもそも、何があって通行が禁止されるんでしょうね?暴走族?

V坂は車輛(自転車含む)の制限速度は30km/hです。
この坂で練習しているローディーさん、登りで30km/h以上出している人は見かけませんが、下りは60km/h以上出している人もいますよね。
駅のローターリーがあり、よみうりランドの利用者の横断も多いこの道で、自転車が高速で下ってきたら危険ですよね?

もし、このことが問題になり規制がされることになったら、地元の自転車乗りとしてとても残念です。

今回の規制は、午後9時から午前6時までと時間が夜間に限定されていること、事前に自転車を対象としたような注意書等が見当たらなかったことなどから、多分騒音を出すバイクを主な対象とした規制であると考えられます(裏を取っていないので本当のところは分かりませんが。でも、夜中に坂の上の駐車場でバイクの取り締まりをしている警察車輛を何度も見かけましたし、多分そうではないかと)。

自転車の通行が危険だと判断され、全面的に二輪車通行禁止にならないように、練習中でも道路交通のマナーをしっかり守ろうと自分自身気を引き締めるのでした。



スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

GO WEST!を振り返る。

Category : ロードバイク考
京都まで行くだけ行って観光もせずに帰ってきた2度目のGO WESTから一週間。風邪を引いてHPが低下中でございます。最近急に寒くなりましたね。寒いのは嫌いではないのですが、熱っぽい身には少し厳しいところです。

本日2014年のブルベの日程がオープンになりましたね。順次取得(短い距離から順にブルベを走る)をマイルールにした今年は200~400までは順調にクリアしたものの、最後の600で痛恨のDNS。目標にしていたSRを逃しました。体力的には自信もありましたし、楽しみにしていたコースなだけに残念でしたね。

来年は200~600までの距離を最低2本(全部走ればWSR!)予定に入れて、突発的な予定で走れなくなってもSR取得に問題がないようにしたいところです。

無題5

今回の西行きの旅は風に恵まれた行程でした。国道1号を西に向かういわゆる東海道ルートは、西風が一番のネックと言われていますが、この日は全行程含めてほとんど無風。場所によっては追い風区間もありました。

関西方面の天気が下り坂のときは、常時吹く西風と低気圧に向かって吹く風が相殺されるんでしょうね。気温も11月中旬にしては高めで(芦ノ湖でも寒さを感じませんでした)真夜中のライド中(名古屋~四日市)以外は快適に走ることができました。おかげでウインドブレーカーは着ず終い。

今回はたまたま運が良かったということで、今後もロングライドの際は装備を充実させてぬかりないようにします(>_<)

あと、ロングライドの心強い味方であるドーピング剤(笑)レッドブルや各種栄養ドリンクが考えられますが、今回使用したドーピング剤は、アミノバイタルのタブレット。これを4~5個噛み砕いて飲み込むと・・・何ということでしょう?!今までの疲れが嘘のようになくなって驚くほど脚が回ります!これは逆に怖い(笑)きっとしっぺ返しが来るぞ。と、回る脚をセーブしながら進みました。少しお値段は高めですが、こんなに効き目があるドーピング剤は初めてでした。600ブルベで使ってみよう(@_@。

そうそう、国道沿いをずっと走っていると排気ガスがすごいんですね!顔吹きシートで顔を拭いたら真っ黒(笑)喉も若干痛くなってきたりして、ちょっと環境が良くないなと・・・。ルートを考えるときは道の覚えやすさもさることながら、走りやすさも考えないとならないなぁと思いました。


上のGPSログのように1本の線で軌跡をつなぐと、「東京~大阪」というのも見えてきましたね(笑)約130km少ない行程で26時間半も掛かっていますから、仮眠せずに少しペースを上げて走っても30時間といったところでしょうか?

CANNONBALL_2013111120032365e.png

こういうコースも見えてくるんだな。

今年はブルベやらGO WEST!やら長距離に縁がありましたが、本来はグルメライダーです。速く走ることは出来ませんが、長い距離を写真を撮ったり美味しい物を食べたりしながら走ることは楽しいんですよね~。

今週末は久しぶりのグルメライド。約束の豚味噌丼を求めて。
新兵器も投入しちゃうかも!?

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

次期タイヤ決定!

Category : ロードバイク考
お久しゅうございます。

忙しいのは悪いことじゃない。というのが信条ですが、さすがにやりなれないことを続けると心労も蓄積されるわけで、抜け毛や肌荒れが…ってことはないんですが(笑)なかなか走りに行けません(汗)

さて先週の日曜日は突発的に開催されたDBKに参加してきました。この日は午前縛りの坂練も行われ、短い時間でしたがとても楽しめました。そういえば今期のショート丈レーパンデビューでしたが、早速ニーハイ焼けしてしまいました(笑)

20130609_100841.jpg

久々のプレスポ de 尾根幹♪


紫外線対策を兼ねてアームカバーを新調しました。skinsのブルーラインですが以前使っていたTigoraのものより若干厚手です。夏場はアームカバーは必須ですからねー。


さて絶賛使用中のタイヤ、ミシュランPRO3ですが、3000kmを超えてそろそろ交換してもいいかなと思える程度に後輪の台形化が進行しています。次期タイヤを悩む内に大体3つに絞られました。


コンチネンタル(Continental) Grand Prix 4000S 700×23Cコンチネンタル(Continental) Grand Prix 4000S 700×23C

コンチネンタル

商品詳細を見る


言わずと知れた名作。ブルベするならこれでしょ?と言うほど有名。耐久性に定評があり、毎日の通勤にも使えるという。乗り味は若干硬めらしいです。


【MICHELIN(ミシュラン)】ロードタイヤ プロ4SC【MICHELIN(ミシュラン)】ロードタイヤ プロ4SC

Michelin

商品詳細を見る



そして最強のクリンチャーと言われたPRO3の後継、PRO4 SCです。今のままの流れならコレですね。カラーバリエーションも豊富◎


ミシュラン PRO4 Endurance プロ4 エンデュランス 700C(622) フォルダブル グレー/700×23Cミシュラン PRO4 Endurance プロ4 エンデュランス 700C(622) フォルダブル グレー/700×23C

MICHELIN(ミシュラン)

商品詳細を見る



で、上記SCの耐久性アップバージョンであるエンデュランス。この夏は直江津集合や、もしかすると600kmブルベもあるかもしれません。足元の安心ではこちらが有利か?

ロングライドならGP4000sなんでしょうね。評判の良いタイヤなので一度使ってみたいのですが、しばらく交換できなくなりそうですよね?交換するのも楽しみの一つなのであまり丈夫すぎてもね(笑)
底値のPRO3SCを更新するというのも一つの手ですね。パナチになってからノーパンク期間更新中ですから、きっとPRO3でも問題ないと思います。何よりPRO3とラテックスチューブのの乗り味が好きだったりします(^^)

あと、タイヤを選ぶ際に気になるのは23Cにするか25Cにするかです。僕のようなお気楽ロングライダーは実のところ25Cの方が合っているのかもしれませんね。ホビーライダーのライドシーンにおいて細いタイヤが役に立つときってそんなにないですもんね。

しかし、まぁ、あれですよ。23Cが一番売れるもんだからメーカーもそこに力を入れてカラーバリエーションが豊富だったりするわけですよ。バーテープもサドルも白基調で揃えているのに、いきなり黒だ赤だのタイヤはちょっとどうかと…。

ということで、次期タイヤはこちらに決定。

DSCF1427.jpg


今のPRO3がもう少し使えそうなので、次のブルベまではもう少し頑張ってもらおうと思います。

ということでローテーション♪

DSCF1425_20130612213216.jpg

左が後輪で右が前輪です。後輪の方がずいぶん台形化していますね。柔らかく減りやすいと言われているPRO3ですが、3000km程度走ってこんなもんです。ご参考までに。

DSCF1426.jpg

そしてラテックスチューブです。ラテックスはブチルよりも柔らかく、一度使ったチューブはイボイボが出来てしまい再利用する気にならない的な情報がありますがご覧のとおり綺麗なままです。チューブレス対応ホイールだからでしょうか?

そうそう、僕はラテックスチューブでロングライドをしていますが、気になるほど空気抜けはありませんよ(^o^)v少なくとも350km(28時間)くらいは空気圧の低下を感じずに普通に走れます。1000kmも走る方なら途中で空気を入れた方がいいかもしれませんが、乗車前に必ず空気圧の点検をする週末ライダーの方なら一度試してみる価値はあると思います。特に規定の空気圧が低めのミシュランタイヤを履いている方はこの乗り心地にはまったらなかなか抜け出せないですよー◎



さて、今週末も晴れたら午前中縛りで尾根幹を走ろうかな?


今日もご覧いただきありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。よろしければご協力ください♪
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ  にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ   にほんブログ村 自転車ブログへ
ロード乗りの方   クロス乗りの方  とにかく自転車好きな方

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

ロードバイク考(3)くらい

Category : ロードバイク考
ブルベに備えて色々と自転車の装備を整えているところですが、ふとパナチタンを持ち上げたときに思いました、


重い Σ( ̄ロ ̄ll)ガーン




えー、うそーん。と思ってサドルバッグだけを計ってみると、900g以上ありました(苦笑)

オルトリーブのサドルバッグLサイズは2.7Lの容量で、「おお、これだけ入れてもまだ余裕があるぞ!」と

嬉々として色々なものを詰め込んだ結果がこの重さ。サドルバッグ自体は300gちょっとなのに・・・。


フェンダーを外して、サドルバッグから余計なものを取り出します。

まず、ネックウォーマー。不要。これで60gの軽量化◎

チューブ2本+リペアキットをチューブ2本のみに。これで150gの軽量化◎

ツール缶を使わずに、ビニール袋に入れてサドルバッグに収納。これで65g軽量化〇

(ただしツールへのアクセスは悪くなりました)

その他にも、200kmブルベでは前照灯2灯は必須ではないので、閃を1つにすれば120gの軽量化だし、

サドルをアリアンテVSからProコンドルに戻せば50gの軽量化だし、チューブを1本にすれば85gの軽量化

・・・・・・と、軽くする気になれば、600gくらいは軽量化が可能です。


しかし、ロングライドは備えあれば憂いなし。完走を目指すならばある程度の装備は必要となることでしょう。

軽さを追求したところで、そもそも僕の自転車ってそんなに軽くないですからね(-_-;)

そう、

ロードバイクの重さは勝敗を分ける絶対条件ではないのさ(`・ω・´)キリッ!



(重いよりは軽い方が平地でも漕いでいて楽ですけどね。)

自転車の軽量化よりも自分自身を軽くしろと言われそうですね~(笑)

頑張ってエンジンを鍛えます(>_<)


と、自転車の重さについて考えると、やはりコンポーネントの話は避けられないですね。

先日こみゅさんと河津桜ライドのときに・・・


「おお、チタンかぁ。いいねぇ、カンパにすればもっと軽くなるかもよ」


「え、カンパって軽いんですか?」


「シマノってカーボン使いたがらないし、カンパはやっぱり軽いよ」


的な話をしました(した気がします。多分w)

確かに、カンパで組んだこみゅさんのチタンは僕のものより相当軽く感じました。ナルホドー。


SHIMANOで考えると、僕は今105を使っているのですが、仮にアルテグラグレードに替えたとします。

すると、ざっとですが、300g軽くなるみたいです。これをデュラエースにすると更に200gくらい軽く

なるみたいです。ちなみにアルテグラにするのに8万円。デュラエースにするのに12万円かかります(概算)。


12万かけて500g程度しか軽くならないなんて・・・(´・ω・`)ショボーン

サドルバッグを付けないでジャージのバックポケットに最低限のツールを入れて、自分の体重を落とした方が

手っ取り早いじゃない。


ヒルクライムをする人にとってはかなり大きな数字かもですが、僕のようにホビーライダーは500gくらい

増えたり減ったりしたところで実は影響ないんじゃないかと考えてしまします。

(もちろんグレードアップすれば重量だけでなく変速性能や耐久性の向上など様々な恩恵に与れます。中でも

一番大きいのはモチベーションアップw)


つまりロングライダーを目指す僕にとって、


自転車の軽量化のために費用を掛けることはあまりメリットがない。


ということかもしれません(結論)。


まぁ、カーボン素材を使った軽量パーツは魅力的ではあるのですが(ならカーボンバイク買えばよk・・・略)


僕にはプレスポがありますし、いつでもマスコットバット的な使い方が出来るのは強みかもしれません。

プレスポに乗った後ならば、8.6kgのパナチタンが羽が生えたように軽く感じるんですよ!


と、今日は思ったことをツラツラと書いてみました。

いつかカーボンフレームを買ったときは、1gにこだわる趣味の人になってみようかなと思います(笑)



今日もご覧いただきありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。よろしければご協力ください♪
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ  にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ   にほんブログ村 自転車ブログへ
ロード乗りの方   クロス乗りの方  とにかく自転車好きな方

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

ロードバイク考(その3)

Category : ロードバイク考
先日ホリゾンタルフレームのジオメトリに関して私見を述べたところ、沢山の方に興味を持ってもらえたようで、

コメントもいただき大変勉強になりました。

実車に試乗するのが一番だと思いますね。振り替えればプレスポも詳しいジオメトリを知らなかったものの

試乗してサイズ感を確かめて買ったため、それなりにきちんと乗れているのだと思います。


さて、今回はジオメトリよりも緒論乱立のコンポーネントについて考えてみます。

僕は現在クロスバイカーのため、ロードコンポーネントに関しては素人同然です。シマノ、カンパニョーロ、

スラムという3大メーカーがあり覇権を争っていると(笑)国内における汎用性の点から僕はシマノ一択と

考えておりますが、いかがでしょう(笑)?

完成車にもシマノコンポが標準装備であることが多いですしね。


コンポをシマノにするとして、ではどのグレードを選択すべきか?

シマノのロードコンポーネントには、ご存知のとおり、2300、SORA、TIAGRA、105、ULTEGRA、Dura-Aceと

ラインアップされています。

以下にわか知識ですがご容赦ください


2300.jpeg


まず、2300ですが、これはロードコンポーネントですが、一般的に廉価なロードバイク完成車に装備されて

いるグレードのものです。価格帯でいったら10万円以下というところでしょうか。

そもそもこのグレードを使っている方が周りにいないので、実際の評価を聞くことができません。


sora.jpeg


続いてSORAです。これは僕がのプレスポのリアディレイラに採用しています。

ちょっといいクロスバイクか10万円ちょっとの価格帯のロード完成車に装備されているグレードでしょうか?

STIレバーは上位機種と形状が異なり親指を使うタイプ。ローディーからは散々な言われようのグレードという

イメージです。

個人的な感想ですが、別にこれといって悪いところはありません。メンテさえしっかりすれば妙ちくりんな

組み合わせでもギアはバシっと決まります。対応スピードが9sまでなので、この点で限界が画されているのか

なぁと思います。


tiagra.jpeg


次はTIAGRAです。そういえば10s化されましたね。このグレード辺りからいよいよ本格的にロード

コンポーネントっぽくなりますね。STIレバーがらのシフトワイヤーが髭になっているのはTIAGRAまで。

このスタイルにこだわりがある方は多いのでしょうか(笑)?僕は嫌いじゃないんですけどね。

ディレイラやクランクセットのカラーリングはラインアップの中では最もシルバーが際立っていて、

この点でもなかなか悪くないと思います。変速性能はどうでしょう?悪い話は聞きませんね。


105.jpeg


そして105です。ロードに乗ってレースに出るなら最低限必要なレベルと言われることが多いグレードです。

何をしてそういう評価がされるのかは分からないところですが(シマノの広告戦略かもしれないしw)

自転車乗りの間ではよく聞く話です。変速性能は良く、そこそこ軽量とのこと。ただ、価格差を考えると

もうひとつ上位のULTEGRAを買ってしまった方がいいと言われていることも確か。まぁこの価格の差が実は

大きいんですけどね(汗)ちなみにpeugeot乗りの僕は207とか308とかいうネーミングが好きで、105も嫌いじゃ

ありません。色々考えると本命はこのグレードです。


ultegra.jpeg


そしてULTEGRA。市民ライダーには必要にして十分なスペックを持つグレード。

やっぱりアルテに乗っている人を見ると「いいなぁ」と思います。かっこいいですしね(笑)

何やら電動シフターのDi2なるものもあるらしく。いやはや、文明の利器というものですね。

完成車では105かアルテかを選べるものも多く、財力とやる気のある人はアルテを選んだ方が

いいのではないでしょうか?

お金があるテグラ…(-_-;)


dura-ace.jpeg


最後に参考までにDura-Ace。競技用コンポーネントですね。シマノのフラッグシップモデルでプロ仕様

だったりします。とっても高価。素晴らしいテクノロジーと性能、軽量化が図られているのは分かります。

ただ、高い。僕が手を出せるのはデュラグリスくらいのもの(笑)僕はその機能を十分使いこなすことは

できないだろうな。行き着く先にはこんなのがあるぞというくらいの認識。


とまぁ、いろいろと素人考えを述べてみましたが、各グレードを絶妙な価格差で揃えるシマノの

マーケティングは大したものだと思います。


使用している素材に係る重量、変速性能、耐用年数の差。

デザインや所有欲求の充足等、グレードによる差は自転車乗りには悩ましい問題です。


105をベースにしてブレーキなどから数年かけて徐々にアップグレードですかね。それにしてもカンチ

ブレーキは効かないという話をよく聞きますが何ででしょうか?Vブレーキからの乗り換えになるので

若干不安があります。


フレームサイズが決まり、コンポーネントが決まれば、次はホイールかな?

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

プロフィール

Author:セバス(SebasPSA)
2012年10月、ロードデビューしました@Panasonic ORT15。
休日は尾根幹や多摩サイを中心にファンライドしています。
自転車ネタを中心に、書籍、音楽、デジタルライフ、お酒、料理の話など諸々。
※ご質問等は該当記事または最新記事コメントにてお願いします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
☆☆相互リンク大歓迎☆☆彡


アクセスカウンター
ご訪問ありがとうございますm(_ _)m
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR