スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋上がりの季節

Category : 日本酒
朝晩が涼しくなりすっかり秋っぽい気候になりましたね。
勤務先のオフィスは高層階なので、まだ冷房を入れないと暑くてたまりませんが(苦笑)

ところで先日、映画「君の名は。」を観てきました。
青春時代をとうの昔に終えてしまった僕には、この手の映画は何ともむず痒く、また、純粋な若者の気持ちや行動に素直に心震わされたのですが、観終わった後の感想は「新海(監督)、てめぇ、僕らを食い物にしやがって!「秒速」で患ってしまった層には(それは即ち「言の葉」で金麦にハマった層と合致するのですが)、この映画を賞賛せざるを得ないではないか・・・。君の名はいいぞ。」と、君の名はオジサンになってしまう程の良さでした。
一部批評では「この映画はEQが高い人間にしか良さが分からないものだ。」と論じられていましたが、安心してください、僕は何度やってもEQテストは8割以上のスコアが出せますから、この映画を観るに当たり何の問題もありません(人の事なんて知ったことではありません。)。
「流行りもの」ではありますが、一度ご覧になることをお勧めします。
ちなみに「君の名は。」の後に「シン・ゴジラ」を観たのですが、流石に2本続けて観ると背中が痛くなりました。
そうそう、シン・ゴジラの本編上映前に映画の予告が流れたのですが、「何者」(就活映画)の予告は良かったですね。「君の名は。」の後に「何者」ですからね(ダジャレ)。
予告編の中で「青春が終わり、人生が始まる」という言葉があったのですが、なるほど、僕は青春を終え人生を生きているのだぁと、「君の名は。」を観終えて感傷に浸っていたところ一人納得してしまったのでした。
一生青春!とおっしゃる方もおられますが、僕にはそんなバイタリティもパッションもありませんので、人並みになるべく充実した人生を送ろうかと思います。

長くなりましたが、閑話休題。

さて、日本酒界隈では早いところでは8月後半から「ひやおろし」の出荷が始まります。
「ひやおろし」というのは、簡単に言うと、春に作った新酒をひと夏眠らせて軽く熟成させてから出荷する日本酒のことです。
日本酒というのは、酵母の力を借りてお米の糖分をアルコールに変えるのですが、通常、出来て直ぐに1回、さらに出荷前に1回、合わせて2回熱を加えて酵母の働きを止める処理をします(これを「火入れ」と言います)。「ひやおろし」は2回目の火入れを行わずに、最初に1回火入れした酒を冷ましただけで卸すお酒なので「ひやおろし」というみたいです(諸説あり)。
通常イイ感じに熟成が仕上がるタイミングが秋口なので、ひやおろしは「秋上がり」や「夏越し酒」とも言われています。ワイン党が11月のボジョレ・ヌーヴォーを楽しみにするように、日本酒党はこの「ひやおろし」を秋の風物詩として楽しみにするのです。

自転車に乗る時間が取れない僕は、相も変わらず毎日帰宅後は晩酌を楽しんでいるわけですが、9月初旬から今日まで、既に数本ひやおろしを飲みました。四合瓶なので量は大したことないんですけどね。大切なのは毎日飲むことです(謎)


201610011507268c7.jpeg

龍力 特別純米

ここはひやおろしを出すのが早い酒蔵さんみたいですね。ところで、龍力というお酒は山田錦の仕込みに定評があるのですが、このひやおろしは雄町を使っています。個人的に雄町の酒があれば好んで飲んでいますので、龍力の雄町を見つけたので迷わず買ってしまいました。

兵庫ではよく見るお酒とのことですが、都内ではデパートや大きめの酒店でないと取り扱いはないかもしれません。見かけたらぜひ飲んでみてください。食中酒というより食前酒向きかも知れません。結構しっかりとしたボディなので、これからの季節鍋物を合わせてもOKだと思います。


20161001150727ba2.jpeg

陸奥八仙 グリーンラベル 特別純米

東北の中でも青森のお酒は淡麗傾向が強い気がしますね。八仙もそうです。ひやおろしですが若い感じが抜けきれていない。フレッシュな香りが立っていると言うこともできるでしょう。抜け、キレは良いので食中酒としてはいいかも。ただ、「これが飲みたい!」と選ばれるためにはもう少し個性があっても良いと思います。


20161001223052eac.jpeg

雁木 純米吟醸

美味しいです。口に入れた瞬間から「あ、これ美味しいな」と分かるお酒。すべてにおいてバランスが良い。美味しいお酒の見本と言ってもいいと思う。ただ、純米吟醸はやや上品なので、合わせる食べ物に負けない強さが欲しかったり、ちゃんと酒を飲んでいる感じが欲しい人には純米酒をお勧めします。お気に入りのお酒に登録しました♪


201610011507296b6.jpeg

常山 純米大吟醸

ステーキをわさびで食べるときに飲みたいお酒。全国の鉄板焼き屋と提携すればいいのに。
僕は大吟醸でも燗にしてしまうんですが、これも燗上がりする酒なんじゃなかろうかと疑ってみたり。
流石は純米大吟醸、すいすい飲めて危険な雰囲気を纏っていました。


20161001150730f64.jpeg

天狗舞 山廃純米

山廃独特の酸味と酒感がなんとも言えず、秋刀魚のワタと合わせると絶品です。
燗にしてもホッコリ美味しくいただけますので、これからの季節オールラウンドに活躍させることができるのではないでしょうか(飲み切っていなければ)。


20161001150731873.jpeg

真澄 純米吟醸

真澄。好きなんですよ。ド定番ですけどね。学生の頃、飲み屋で飲めるちょっと良い酒と言えば真澄、吉乃川、八海山でした(どれも普通酒だったと思います。)。中でも真澄は色々思い入れがありまして(謎)
味わいはすっきりと、甘さは丸く柔らかく、食中酒としても良し、単品で飲んでも良し、幅広いニーズに応えられるお酒です。
そう言えば、真澄が造られているのは長野の諏訪ですが、諏訪湖は「君の名は。」に出てくる湖のモデルなんだとか。塩尻峠を登る途中から見た景色がまさに!ああ、諏訪まで行きたいな(自転車で)。

と、ここまで数本ひやおろしばかり飲んできましたが、まだ冷蔵庫に1本入っています(笑)
美味しい食べ物が増えてくる秋、日本酒との合わせも楽しみですね。

飲んでばかりいないで、少しは時間を作って走りに行かねば(>_<)


スポンサーサイト

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

加茂鶴ゴールド(丸瓶)

Category : 日本酒
いや、何だかブログを更新するのも久しぶりですねぇ(笑)

2月の後半からもうバタバタし過ぎて自分でも何が何だか分かりません(謎)
とにかく相変わらず自転車には乗れていません!
でもお酒は飲んでますよ~♪むしろお酒に関してはアル禁が解除されたので以前にも増して飲んでいる気がします(ただし家飲みですが。)。

加茂鶴ゴールド

加茂鶴ゴールド 大吟醸
桜をイメージした琉球ガラスのぐい飲みに金色の桜が良い感じ◎

安倍首相とオバマ大統領がすきやばし次郎で飲んだことで有名になった小瓶ですね。
桜の形をした金箔が入っていて、今の季節に丁度良いのではないでしょうか。
お酒としても大変秀逸で、癖がなくどのような料理にも合わせることができると思います。まさに寿司なんて良いでしょうね。
春のお祝いのちょっとした席にいかがでしょう?

いつのまにか東京の桜の開花宣言も間近に。
明日あたりかな?

そして、多分、明日は自転車に乗れる!(はず)。
この三連休の前半2日間をKS活動に従事した結果、数時間だけですが外出許可が(T T)
そもそも何で許可制なの?いつから?

ということで、明日は多摩サイへ桜のつぼみでも見つけに行こうと思います。

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

天鷹心 純米大吟醸

Category : 日本酒
またまた栃木のお土産シリーズです。

天鷹心1

天鷹心 純米大吟醸

栃木県大田原市の天鷹酒造さんのお酒です(リンクは公式HP)。

僕は数年間ですが大田原に住んでいた事もあり、天鷹は懐かしいお酒です。
天鷹酒造さんは大田原市蛭畑という地区にあり、周りは田んぼと道路と山しかありません。旧湯津上村だったこの辺りは、古き良き日本の原風景が残っています。自転車で走ると気持ちいいんですよ。エスケープポイントがないのでハンガーノックになった時はつらくて仕方なかったんですけどね。住んでいる人は職場が遠くて不便で仕方がないと言っていました(汗)

さて、このお酒は天鷹心という名前ですが、天鷹シリーズは沢山あり、「天鷹ふるさとの絆」というお酒もあります。地元では「天鷹」で一括りにしているのですが、純米大吟醸の心は少し良い事があった時などに飲むことが多い印象です。決して希少価値があるという訳ではないのですが、そんな感じです(笑)

肝心のお味ですが、さすが純米大吟醸、スッキリした飲み口ですが、口に含むと米の香りと、少しずつ飲むのに丁度良いお酒の味が広がります。香りは比較的控えめな印象ですが、味も香りも食中酒としてはこれくらいが適切かなと思います(お酒とツマミだけならもう少し癖があった方が好みです。)。

僕は純米大吟醸でも燗酒にしてしまうのですが、天鷹心もぬる燗にしてみました。
燗酒にすると、冷よりも米の味が全面に出てきます。香りはあくまで控えめで、やはり食事の邪魔をしない良い塩梅です。
焼鳥(タレ)やモツ鍋などの味の濃い物にも負けず、かつ、刺身や豆腐などのサッパリ系と合わせても食べ物の味を邪魔しない。何にでも合わせる事ができるオールラウンダータイプのお酒です。

天鷹心2

純米大吟醸ですが、1800円程度と非常にリーズナブルです。少し大きめの酒屋さんには置いてあることがあるので、見かけた際は是非ご賞味下さい。

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

松の寿 純米吟醸

Category : 日本酒
先週、宇都宮に従妹の結婚式に出席するために帰省してきました。
最近は帰省するたびに地元のお酒を仕入れてきているので、親には「今回もまた買って帰るんでしょ?」と言われる始末(笑)
はい、もちろん買って帰りますよ♪

今回のお酒はコチラ

松の寿

松井酒造店さんの 松の寿 純米吟醸です。(リンクは公式HP)。

栃木県塩谷町の酒蔵さんです。

塩谷町といえば、矢板市と日光市の間にある町で、僕が大田原在住時代は、プレスポに乗って日光いろは坂アタックをするときによく通るルートでした。山と田んぼしかなくて、自転車で走ると風とタイヤの音しかしない至高の時間が過ごせます。元々は海だったであろうことが分かる特徴的な山の形が印象的です。
最近では、放射性指定廃棄物の最終処分場の建設候補地に挙がってしまい、にわかに話題になりましたね。何も無いからといってねぇ・・・。どこかに作らなければならないのは分かりますが、何とも複雑な気分です。

この塩谷町には、尚仁沢湧水という有名な湧水があります。
(プレスポで尚仁沢までポタリングしたときの記事はコチラ

「尚仁沢」というお酒もあるんですが、このお酒は別の機会に紹介できればいいなと思います。

さて、本題の松の寿をいただきましょう。

まず冷でいただきます。
まず、口に含んだ瞬間に感じるのは「優しさ」でした。
超軟水で仕込んだこのお酒ですが、そのせいなのでしょうか、柔らかい飲み口がとても優しく感じられました。
口に入れるとフワっと洋ナシか青りんごを思わせるフルーティな風味が広がり、喉を過ぎてもお酒のきつさを感じることはありません。単品で飲んで美味しいお酒なので、何を合わせるか難しいところですね。
僕は夕飯のモツ鍋と合わせたのですが、少し鍋の強さに負けてしまった感じがしました。
燗酒にして飲んでもみたのですが、香りは少し奥に引っ込んだ感じがしますが、優しさは変わらず。とても飲みやすいお酒です。初心者の方にもお薦めできます。

この松の寿の肝はやはり「水」でしょうね。
淡麗とは違った飲みやすさ。
「水のような」という表現はよく使われますが、塩谷の名水で仕込んだこのお酒は、飲む人を包み込む優しい水のような飲みやすさとご紹介することができると思います。

松の寿2

ここにも下野杜氏の名前が。
栃木は美味しいお酒が沢山あって、帰省の度にお土産を選ぶのが大変です(笑)
そろそろ、他県のお酒をどんどん飲まないと新酒しぼりたての季節も終わってしまいますからね、何とかしないと(謎)

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

北雪 純米酒

Category : 日本酒
駅前の酒屋に置いてある新潟のお酒シリーズです。
第一弾は鶴齢の純米でしたが、第二弾はコチラ。

北雪純米1

北雪 純米酒(リンクは公式HP)

このお酒も新潟出張の時に飲んだ佐渡のお酒です。
以前ご紹介した真稜と同じく佐渡島のお酒です。期待できますね!

最近は燗酒にして飲む事が多いので、本醸造や純米で美味しいお酒を探すのが急務となっています(謎)
新潟ではこの北雪の金星という普通酒を冷でいただいたのですが、食中酒としてかなり秀逸で、飲み飽きしない素直なお酒だなという印象でした(燗酒でも飲みたかった。)。
今回は家でじっくり構えて飲めますので、きっと燗でも美味しいであろう純米酒をゲットしたわけです。

まずは冷でいただきます。お猪口に注ぐとふわっと優しいお酒の香りがします。
ワイングラスや口の広い器に注げばもっと香りが立つでしょうね。純米酒では芳香がある方だと思います。
口に含むとやはり淡麗ですが、みずみずしさの中にほっこりとした旨さを感じます。飲み込む段になって喉の奥でようやくお酒を感じる、キレが良いとは少し違った抜けの良さ。グイグイ飲んでしまう危険な感じは真稜と同様に佐渡のお酒の怖いところですね。

そして、この北雪も越後淡麗の一派なわけで、これで純米吟醸じゃないなんて、と思う程のスッキリ感。
大吟醸のようによく冷やして飲むと本当に水のように飲めます(笑)

純米なので燗酒にも期待。
うん、旨い!体に沁みると言うよりは馴染んでいく感じ。後味スッキリなので次から次に杯が進みますね。燗にすると少し甘みが増す印象ですが、食事を邪魔するような事はありません。
鍋と一緒に飲むには少しボディが弱い印象ですが、白身の焼魚となら相性は抜群ではないでしょうか。

北雪純米2

新しい事に次々と挑戦していく攻めの姿勢の酒蔵さんですので、これから送り出されるお酒も楽しみにしたいと思います。
新潟のお酒シリーズ、そろそろ王道の八海山か〆張鶴をいただきたいですね。

あ、でもその前に、先日仕入れてきた栃木のお酒シリーズを先にいっちゃいますか(笑)


テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

プロフィール

セバス(SebasPSA)

Author:セバス(SebasPSA)
2012年10月、ロードデビューしました@Panasonic ORT15。
休日は尾根幹や多摩サイを中心にファンライドしています。
自転車ネタを中心に、書籍、音楽、デジタルライフ、お酒、料理の話など諸々。
※ご質問等は該当記事または最新記事コメントにてお願いします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
☆☆相互リンク大歓迎☆☆彡


アクセスカウンター
ご訪問ありがとうございますm(_ _)m
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。