タイヤを新調!~Panaracer GRAVEL KINGインプレ~

Category : グッズ・アイテム
今年の直江津集合まで2週間となりました。

脚の方はだいぶ出来てきて、体力的には問題なさそうです。
気温も落ち着きましたしね。暑過ぎて走れないなんてこともないでしょう。

となれば、あとは装備について検討することになりますが、最終兵器といいますか、
これで足元は安心といいますか、タイヤを交換しました。




Panaracer GRAVEL KINGです。

グラベルとは砂利道とか未舗装路のことで、太いサイズ(32Cとか)だとシクロクロス用として使用されるみたいです。
ロードバイクでそのような悪路を走ることはないと思いますが、その軽さと耐久性からロングライド界隈で人気が
あるタイヤになっているようです。

ネット上では25Cのインプレは沢山あるのですが、23Cについてはほとんど情報がないんですよね。
僕は25C至上主義には懐疑的な見解を持っているので(笑)、情報がなければ自分で確かめれば
いいじゃない。と、23Cを購入したのでした。

まずは実測!

IMG_1337.jpg

公称220gとありますが、嬉しい誤差!

Panaracer Race Evo2 Type Lが180gちょっとですから、それと比べるとちょっと重く感じますね。

念のためも一本も。

IMG_1338.jpg

おや、こちらは嬉しくない誤差(笑)
この重量だとMICHELINのLITHION2と同じくらいですね。

前後で20g近くブレがあるというのはいかがなものかと思いますが、まぁ誤差の範囲内ということで。


今日はあまり時間がなかったので、尾根幹と小山田周回を3周ほど走ってきました。
シェイクダウンのインプレです。
比較対象は、ロングライドといったらコレなContinental GP 4000SⅡと
ロングでも決戦でも使える(と僕は思っている)Panaracer Race Evo2 TypeLです。
ちなみにチューブはBontrager 700x23c-25c PRESTA 48mmです。Y'sで500円以下で売っている
普通のブチルチューブです。(が、これに変えてからパンクゼロ!お勧めです。)

まず、漕ぎ出しですが、ここはTypeLには遠く及びません。重量がそもそも違うので仕方ないですが、
コンチと比べたら遜色はないですね。

0-30km/hの加速ですが、これもTypeLが圧勝。しかし、重量の割りには重さは感じません。
しっかりと路面を捉えて無駄なく前進する感じがあります。加速はいまいちかなぁと思っていた
ので、逆に好印象です。感覚的にはコンチと同等でしょうか。

35km/h付近での巡航は、どれも変わりません。ただ、TypeLやコンチよりもタイヤが跳ねない感じが
しました。タイヤには乗り味というのがありますが、比較的固めのタイヤかもしれません。
ちなみに、空気圧は7.5barでしたが、もう少し低くても良かったかもしれません。

登りは、TypeLの圧勝は当然ですが、コンチより良かったですね。ダンシングのときに感じたのですが、
サイドにコシがあり、タイヤがあまり変形しないのではないでしょうか?なので、グイっと踏み込むと
ロスなく前に進む感じがします。コンチはここのところが少し弱い気がします。

下りで60m/hくらいの速度で走っているときは、これは良かったですね。タイヤが跳ねないので、
結構な安心感があります。まぁ、そんなにスピードを出す機会はないんですけどね。

帰りに夕立に遭って、図らずもウェットな路面で走ることになったのですが、ここではグラベルキングが
圧勝でした。タイヤのパターンが利いているのかもしれませんが、変に滑ることはありませんでした。

気に入っているタイヤなので、TypeL贔屓の評価かもしれませんが、ロングライドタイヤの代名詞である
コンチと比べても全く遜色ありません。
むしろ、僕はグラベルキングの方が好きです。なぜなら、コンチは23Cサイズでも、実際は25Cサイズ相当
の太さがあり、若干走りがモッサリしているところがあるのに比べ、グラベルキングはまさに23Cサイズで、
とてもキビキビ走ります。

ロングライドでは、エアボリュームの多い25Cが有利であり、転がり抵抗も云々という言説がありますが、
僕はあのモッサリした感じがどうも苦手で、100kmだろうが600kmだろうが自転車にはキビキビと
走ってもらいたいんです(笑)
この観点から言えば、グラベルキングも自分的には23Cがマックスですね。25Cなら選択肢から
外れると思います。クロスバイクには25Cでも28Cでもいいと思いますが。

ということで、総じて大変よくできたタイヤであると評価したいと思います。
あとは、どれくらい耐久性があるかですね。3000kmくらいもってくれれば合格でしょう。
まぁ頑丈を売りにして、実物もかなり頑丈そうですから心配はいらないと思います。
足元が安心なのは精神衛生的にも大切ですね◎

価格が安いのも魅力的ですね。1本4000円以下ですから、PRO4と比べたらあなた・・・。

本当はですね、PRO4 SCにラテックスチューブという組み合わせが一番好きなんです。
でもPRO4はねぇ、高いんですよ、寿命も短いし。

ただパナブランドからこういう良いタイヤが出て良かったです。やはりパナチにはパナレーサーの
タイヤが似合います(本当か?)。

IMG_1339.jpg

さぁ、僕を直江津まで連れて行ってくれ!

スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

ニューシューズをゲットした!

Category : グッズ・アイテム
先日、ノーマルクランクに交換したのをきっかけに、ペダルをSPD-SLに戻しました。
そもそもSPDペダルにしていたのは、輪行含みのロングライドのためでした。
ロングは8月末の直江津まで予定がありませんので、フィーリングの良いSPD-SLで
トレーニングをするのも悪くないですね。

ローラー台はSPD-SLで回していますので、違和感なく乗換え完了。のはずでしたが・・・・・、

シューズがボロボロ。

履けないことはないのですが、もう5年も使っていますからね。大きな傷も目立ちます。
ここは室内のローラー専用シューズに格下げして休ませてあげてもいいのかなーと考え、
新たなシューズを探すことにしました。

候補にあがったのは、shimano、SIDI、スペシャ、Mavicの4ブランド。
shimanoは今と変わらず。SIDIは履いている人が多いので、ちょっと気になりました。
スペシャは履いている人の評価が高いので候補に入れました。
Mavicは今履いているSPDシューズと同じブランドなので。

正直shimanoにしようと心は決まっていたのですが、現行のモデルでピンとくるものがなかったんですよね。
いいなと思ったらお値段が可愛くない(笑)価格を理由にSIDIとスペシャも脱落。
となるとMavicですが、こちらはお手軽な価格で色々揃っているではありませんか。

SPDシューズがバッチリ自分にはまったブランドだったので、サイズ感や使用感は大体分かります。
ということで、買っちゃいました、Mavicのシューズ。

色々ある中で、僕が選んだのはコチラ。

P6131399.jpg

Mavic Galibier

かの有名な峠の名を持つシューズです。
いやー、貧脚なのにどうしよう。

P6131398.jpg

ソールはこんな感じ。え、えなじーかーぼんこんぽじっと?

ソールが硬いだとか、ダイレクト感が云々とか、正直よく分からなかったり(笑)

P6131401.jpg

重さは、片方で289g。シューズの中では300g前後は一般的な感じでしょう。

幸運にも早速シェイクダウンする機会に恵まれて、尾根幹を軽く走る事になりました。
サイズ感はピッタリ。ペダルを回すには何の問題もありません。
さすがSPDよりはペダルとの一体感が強く、効率よく回せている感覚があります。

さあ、早くニューシューズが活躍できるように、梅雨があけてくれないかな?

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

ビットリア プレミアムジップツールケース

Category : グッズ・アイテム
今更って感じはしますが、ジッパータイプのツールボトルを導入しました。


ビットリア プレミアムジップツールケースビットリア プレミアムジップツールケース

ビットリア

商品詳細を見る


先日のブルベでチェーン切れDNFを喫して、改めて備えの大切さを認識したわけです。

今まで使用していたツール缶は、OGKのものでしたが、容量的には特に不便を感じていませんでした。
サドルバッグもあるし、ツール缶はなぜか大小3本もあるし、これ以上増やしてもなぁ(笑)と思い、流行り出してみんなが使うようになってもなかなか触手が動きませんでした。

しかし、ご存知のように一般的なツール缶の取り出しにくさといったら相当なもので、底の方にしまったツールを取り出そうものなら、結局一度すべて出さなければなりませんでした。

P1241277.jpg

大きさの比較

で、ここでジッパータイプのツールケースの出番ですよ。
横開きなので、一覧性に優れていますね。

P1241276.jpg

重さはこのくらい。

そして収納の自由度が高くなったので、実質容量も増えたように感じます。

これでチェーン切り工具も持って歩けます。

P1241275.jpg

これだけ入ります。

P1241274.jpg

さすがに全部入れると重いですね(笑)

問題は防水性と言われていますが、基本的に雨の日は走りませんし、仮に降られても濡れて困るものは入れていませんので大丈夫なはず(笑)


P1241272.jpg

こんな感じに装着。

このツールが役に立つ日はあまり来て欲しくないですね(笑)

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

防水ケースをゲットした

Category : グッズ・アイテム
最近ブルベ界隈で噂になっている防水ケースをゲットしてきました。

FullSizeRender.jpg

Can Do WATERPROOF CASE です。

100円ショップCan Doの商品です。
最初は店内の文房具コーナーを探していたのですが、違いましたね、スマホアクセサリーコーナーでした(笑)

さて、この防水ケースですが、完全に防水ではないものの、かなりの防水っぷりのようです。

① 本製品のジッパーを開け、スマートフォンを中に入れます。

② 2重ジッパーを2つとも確実に閉じます。

③ 口の部分を内側に折りたたみます。

④ 本体のふたを閉じ、2箇所のホックを確実にとめます。

と、ジッパー+ロールアップとなかなかの構造です。

これがブルベの際にブルベカードを入れるケースとして優れているというのです。

僕はブルベカードを濡らして困ったことはないのですが(そもそも雨のブルベはあまり走らない)、
これなら余程の雨で限り大丈夫そうですね。

ブルベを走るときはみんな思い思いの場所にブルベカードを入れて走っていましたが、どうやら定番商品っぽいものが出てきたようです。

ということで、一部のランドヌールの間でブルベカード入れとして話題になっているのですが、僕は純粋にスマホ入れとして使おうと思っています(もちろんブルベカード入れとしても使いますが)。

ちょっと前まではジャージのバックポケットにスマホを入れて走るときはジップロックのSサイズに入れていれば丁度よく収まっていたのですが iPhone 6 plusにしたために、丁度よいジップロックのサイズがなく、少し大きめのサイズを仕方なく使っていました。

この防水ケースはiPhone 6 plusにジャストサイズです。ケースを付けているともしかすると入らないかもしれません。

P1251282.jpg

僕はケースを付けていないのですが(その代わりリングを背面に付けています。)もうホントぴったり。
専用防水ケースですね、これは。

元々はストラップがついているんですが、スマホ用ですので外してしまいました。

そうそう、ケースに入れたままだとレンズ部分が隠れて写真が撮れません(笑)

6 plusで防水ケースに悩んでいらっしゃる方は、この商品おすすめですよ〜。

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

アイウェアを新調♪

Category : グッズ・アイテム
今日は朝だけ時間があったので、尾根幹をフラーっと流してきました。
寝坊して出発が10時過ぎになってしまったので、小山まで行かず南野セブンで折り返しです(T T)

IMG_0088.jpg

尾根幹も紅葉が始まっていますね。

さて、本当は、もてぎエンデューロの記事とか、先週行った和田峠の記事とかを書きたいのですが、ちょっと時間がないので、今回はアイウェア更新のお話です。

僕は近視なので普段はメガネ男子なわけですが、以前は自転車に乗る時は「コンタクト」+「サングラス」というスタイルでした。

しかし、ブルベなどオーバーナイトで走るときは、途中でコンタクトを交換しなければならなかったり、仮眠のときはコンタクトどうするの?という問題が生じていました。

そこで、度付きレンズ+スモーク(色つき)グラスという素敵な組み合わせのアイウェアがあることを知り、しばらく愛用していました。

その時の記事はコチラ→「アイウェアを新調してみた」

で、これが気に入り、偏光グラスタイプの物を追加購入し、何だかんだで2年くらい使っていました。

これ本当に便利で、暗くなれば色つきグラスを上に跳ね上げれば普通のメガネですからね。昼夜問わず使えるというやつです。

しかし、しかしですよ、跳ね上げたままって結構かっこわるくないですか?

グルメライドのときに、飲食店にサングラスのまま入るのも失礼ですし、輪行の際も、電車の中でサングラスも必要ないですし、跳ね上げグラスを掛けたままってのもちょっと、ねぇ?

普通のメガネを持って歩けばすべての問題は解決するわけですが、なるべくなら荷物は減らしたい。

そこで、今回登場するのが・・・

PB0810734.jpg

調光レンズです!

普段は透明なメガネですが、紫外線を受けると色が付きます。
つまり、外ではサングラス、中ではメガネとして使えるわけです!これで、問題解決♪

瞬時に色が付いたり消えたりするわけではないのですが(なのでトンネルなんかは苦手です)、輪行にもバッチリ使えますね。

今回購入したのはTonySameというブランドのものですが、やっぱりチタンフレームです(笑)
フレーム単体で2万円+税、これに調光レンズが2万円くらいでした。

スポーツ用というわけではないのですが、レンズは横と縦ともに少し大きめにカットしてもらい、なるべく目を守る範囲を広く作ってもらいました。

実際、1か月くらい使ってみましたが、なかなかGOODです!
何年かすると完全な透明に戻らなくなる(色が抜けづらくなる)ようですが、最近の調光レンズは性能が良いらしく、気にならない程度とのこと。
まぁ、5年もしたら度も変わっているでしょうし、買い替え時かもしれませんしね。

とにかく、アイウェア問題は(見た目的に)解決。


今日の尾根幹は少し肌寒かったです。もうすぐ冬ですね。指切りグローブもそろそろ終わりかな。

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

プロフィール

セバス(SebasPSA)

Author:セバス(SebasPSA)
2012年10月、ロードデビューしました@Panasonic ORT15。
休日は尾根幹や多摩サイを中心にファンライドしています。
自転車ネタを中心に、書籍、音楽、デジタルライフ、お酒、料理の話など諸々。
※ご質問等は該当記事または最新記事コメントにてお願いします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
☆☆相互リンク大歓迎☆☆彡


アクセスカウンター
ご訪問ありがとうございますm(_ _)m
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR