直江津集合2017

Category : ツーリング・ポタリング

今年もこの季節がやって来ました。
直江津集合です。日本海に沈む夕日を見るために、8月最後の土曜日午後6時に直江津(上越市)船見公園に集合する。
厳密なルールはありませんが、太平洋にタッチして、一気に日本海まで走り切るというのが一応の目安。
最近はリベラルな走り方をする参加者も多く、行程を数回に分けてゴールを目指したり(「刻み」と言います)、途中で1泊したり、全行程を電車移動したりと、自由気ままに好きな方法で直江津を目指すことが一般的になりつつあります。
かく言う僕も太平洋にタッチしたことないですし(笑)

さて、去年の直江津集合は練習不足のため碓氷峠で脚を使い切り、雨の軽井沢でDNFしております(釜飯は美味かった)。

去年の様子は→コチラ

今年もやはり練習不足ですから、通しで走ることは無理と踏んでスタート地点を昨年DNFした(刻んだとも言う!)軽井沢に設定。二年越しで直江津を目指すことにしました。

軽井沢までは輪行。大宮からの新幹線は自由席でしたが3列シートの最後尾を確保。
愛車とともに快適な早朝の旅。このまま上越妙高まで行っちゃおうかなぁ・・・。

P8260002.jpg

去年DNFした時と同じ場所で。

午前8時。軽井沢出発。
天候は雨。しかし、濡れるほどではなく、霧雨といったところ

P8260003.jpg

軽井沢の駅舎ではロクサンの2号車がお出迎え。鉄分補給完了♪

スタートして間もなく中軽井沢の交差点です。
日没までに船見公園に着くという目的を達成するには直進して上田~長野~妙高~上越のルートが鉄板。登りは野尻湖手前の黒姫峠のみ。運動不足のおじさんにも優しいコース。

しかし、今回の直江津集合、僕にはもう一つの目標がありました。

渋峠(実は行ったことがなかった)。

今回の参加で直江津集合はいったんお休みする事を決めていましたので、最後にちょっと冒険したかったんですよね。
渋峠は自転車乗りなら一度は行ってみたい峠。自転車に乗れない日々が続き、今後もしばらく乗れないのなら、この機会を逃してはならない。
そう坂好きの血が騒いだわけです(結果激しく後悔するのですが)。

軽井沢から渋峠までのルートは、初めて通る道でしたが、ほぼ一本道なので迷うことはありません。
雨予報でしたが降雨はなく、ミストの中を涼しく走ることができました。
草津に着く頃には空は晴れ渡り、絶好のサイクリング日和に。

P8260011.jpg

しかし、体力は既に空っぽ。身体のあちこちが痛み始めていました。まだ40km程度しか走っていないのに・・・。

草津から先はいよいよ峠を登り始めます(これまでも結構登りましたけどね)。この時点で予定より1時間以上遅れているので、仮に休憩を入れなかったとしても日没までに直江津に着くことは難しい。
ここは峠道を楽しむことに気持ちを切り替えて先に進みます。

P8260017.jpg

登り初めて十数分で脚が限界に(笑)加えて腰と肩が痛い。時速1桁の登板が続きます。
ロープウェイ乗り場につく頃には何故このコースを選んでしまったのかと激しく後悔。

しかも・・・

P8260013.jpg

足つき禁止のお知らせ
チ───(´-ω-`)───ン

いや、無理よ。健康を害しても足をついて休むからね。

森林限界が近付き、空が近くなってきました。想像以上に車の交通量が多い道ですが、それでも時折静けさが辺りを支配して、風に揺れる熊笹の葉音、ロードノイズ、自分の息遣いだけが聞こえる瞬間があります。
まるで天国にいる様な感じなのですが、全身の痛みと硫化水素の臭いもあり、やっぱりここは地獄なんじゃないかと思ったり。

P8260025_201708282238211d6.jpg

白根山のレストハウスが見えた途端に空腹であったことに気付きました。こんな場所でハンガーノックとかないわぁ。
ここまで来たら後は下りなの?ロクにコースプロファイルを調べていないので、甘い期待だけが先行します。
そして裏切られます(笑)

まだ登るのーーーー?!

P8260023_20170828223819a94.jpg

駐車場で休んでいるバイカーが、「多分あの見えている所あたりが頂上だろうね」なんて話しているもんだから信じちゃったじゃないですか。
ええ、その先もありましたよ、登りが(´-ι_-`)

P8260026.jpg

で、やっと一番高い所まで来ました。
取り敢えずこれで目標達成。長かった(遅いので普通の人よりも長く感じたのかも)登りも、終わってしまえば過去のもの。即座に綺麗な景色ばかりが記憶に残る良い思い出になってしまいます。人間の記憶補正って怖いですね。

時間は既に午後3時。直江津まで残り90kmちょっと。
下り基調とはいえ午後6時の集合時間には間に合わないですね。
夕日、見たかったな・・・。

ここからは下り。薄手のウインドブレーカーを羽織り下界へGo!
草津側に比べて湯田中側の道は車が少なくとても走りやすいです。調子に乗ってスピードを出しすぎないように適度にブレーキ操作。Mind the gap、I can't flyと念仏のように繰り返し集中して下ります。それにしても下りも長い!

峠を下りきると湯田中の町に出ます。SR600Fujiのチェックポイントになっている道の駅「北信州やまのうち」で水分補給。
さて、ここで地図とにらめっこ。この先どうする?

県道505号で牟礼に出るか、R292で飯山街道を行くかの二択。
飯山街道の登りは300m以下だし何とかなるか。と、通ったことのない道を選択。

結果は撃沈。
思った以上に斜度があり(といっても6~7%)、既に終わっていた脚が再び終わっていました(つまり動かない)。
しかも心をへし折る登板車線の波状攻撃。日も暮れかけて、辺りが暗くなってきて物悲しいばかり。

P8260046.jpg

午後5時半。新潟県突入。

ここから先は登り無し。直江津まで下り基調のボーナスコースです。
しかし、枯渇した体力、限界ギリギリの疲労、集合時間に間に合わないという精神的ダメージ。この状態でナイトライドはよろしくないと判断し、妙高市内まで下り、えちごトキメキ鉄道の新井駅から直江津まで輪行することにしました。
こういう判断ができるのは経験あってのものですね。精神論で乗り切ろうなんて時代遅れだぜ(負け惜しみ)。

今年の直江津集合はここで終了。
完走できなかったことは残念と言えば残念ですが、一つ渋峠という目標は達成できましたし、取り敢えず新潟県までは辿り着いたので良しとしましょう。

宿に着き、懇親会で新井駅から輪行したことを話すと、「パッキングして電車を待ってる時間があれば、自走してきた方が早かったんじゃない?」と言われてしまいました。
距離にして15km。確かに、微妙な距離(笑)

今回の教訓は、ロングライドするならちゃんと練習しなさい。無茶しちゃダメ。ということ。
直近で走ったのが6月に40kmくらい(横須賀片道)。
その前は3月に30kmくらい(江の島片道)。
その前は・・・去年の直江津集合ですからね(汗)年間が100km程度しか走っておらず、登りなんて1年ぶり。こんな状態でロングライド、しかも渋峠付きなんて!

P8270050.jpg

一応、翌日に船見公園に行き、人魚像にご挨拶。朝の日本海も悪くないですよ。

ということで、今年の直江津集合はこれで終わり。
5年連続で参加した直江津集合ですが、来年以降、継続的に自転車に乗る時間が確保できるまで参加は見送ることになります。
しかし、夏の終わりの区切りのイベント、何年後になるか分かりませんが、また参加したいと思います。

P8270057.jpg


隠れて練習しなきゃ(笑)
スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

3か月ぶりのロードは江の島へ

Category : ツーリング・ポタリング
どういう風の吹き回しか、「たまには走りに行ってきたら」と、お暇をいただきまして、
3連休の最終日は午前中縛りではありましたが自由時間をゲットすることができました。

去年12月のVCR青葉の走行会以来の遠乗り。いや、遠くはないんだけど。

img2_20170320204225b17.jpg

快晴の境川CRを追い風基調で快走。

輪行袋があれば片道50kmくらいなら楽しめる。
そうそう、僕は輪行が(特にパッキングが)下手なんですが、a-rouさんから教わった
必殺「フレームとホイールは固定しない作戦」を用いるようになってからは、少しは
輪行が上手くなった気がする。
フレームとホイールを固定しなくても傷は付かないし、意外と倒れない。

img2 (1)

稲村ケ崎から江の島を望む。

春は別れの季節のイメージ。
ここに来てアジカンの「海岸通り」を聴くのが好きで、ほぼ毎年この季節に訪れる。

img2 (2)

片瀬江の島の駅前でギブソンのハミングバードを担いだ外国の方にお会いした。
最近、近所の公園のパパともにYOUが居るせいで、外国の方にやたらと話し掛けている気がする。
大した事を話したわけではないけれど。
「ケースには入れないんですか?」
「ケースに入れていたら直ぐに弾いて歌えないじゃないか。」
程度の会話。

ベンチに座ってコンビニで買ったサンドイッチを食べていたら電車を1本逃した。
午前を1時間ほどオーバーしてしまったけど、特に責められませんでした。

ライド中はマスクをしていたけれど、午後のKS活動のときにうっかりノーマスクで作業してしまい、現在鼻の蛇口が全開状態。薬を飲んで寝ます。花粉症、怖い・・・。

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

荷が勝ち過ぎる

Category : ツーリング・ポタリング
先週末は2時間ほど自由に使える時間ができたので、尾根幹を軽く南野セブンまで流してきました。

少し肌寒くなってきたこの頃、そういえばスタッフジャージと一緒に作ったウインドベストでも着ていくか。と、AOBAウインドベストを着て走ったのですが、なんかコレ、背負っているものが重いなぁ(笑)しかも、OneCanジャージに重ね着してるし()まぁ、デザイナーが同じなので違和感なく重ね着できるのですが、それにしたってすれ違う人や見かけた人みんなから「ヒドイ」と言われているような気がして・・・(意識し過ぎ)。

娘「パパ、あの人はどうしてロードバイクに乗っているのに走るのが遅いの?」

父「速く走ることだけがロードバイクの楽しみじゃないんだぞ。
  見てごらん、この先に坂があるだろう?こういう坂を上るのが好きな連中も
  いるんだ。」

娘「ホントだ、あの人も坂道に突っ込んで行ったね。
  あれ、でもあの人、とっても苦しそうな顔してるよ?
  あれでも楽しいのかな?」

父「よく見てごらん、顔は苦しそうだけど、口元は笑っているだろう?
  ああいうのを「変態」って言うんだよ。」

娘「変態は坂を上るのが好きなんだね。」

父「もっとよく見てごらん。彼が来ているジャージには「AOBA」って
  書いてあるだろう?あいつらは自分で坂を上るだけじゃなくて、
  人に坂を上らせるのも好きな連中なんだ。」

娘「ひどい人たちだね、AOBAヒドイ!」

という会話が聞こえてきそうなね。

冗談はさておき、AOBAジャージは鮮やかな青葉色でとってもよく目立ちます。
希望者が一定人数集まれば再販もあるみたいなので(不確定情報)、ぜひ♪

さて、今回の尾根幹ライドは、少しポジションを意識して走りました。
前回パナチに乗ったときに、少しハンドルが遠く感じたんですね。しっかりポジション出しをした僕のバイクなので、これはもう乗車姿勢が悪いんだなと。上体がアップライトになっているせいでハンドルが遠くなり、ペダリングにも無駄が生じ、さらには空気抵抗も大きくなり、結果としてバイクが進まない=辛いということ。
なので、骨盤を倒して背中を気持ち張り気味に。いわゆる「やまめ乗り」というやつ。僕はこのヤマメ乗りが合っていて、長い距離を乗ると多少首が痛くなるのですが、基本、楽に速く走れます。本当は顔はそこまで前に向けず、目線を上にすることで前方を見れば良いのですが、僕はメガネっ子なので顔を下げたまま目線を上にすると視線がレンズから外れてしまうんですね(メガネあるあるですね。)。
自然と視線をレンズの中に収めるために顔を上げることになりますが、そうすると今度は首が痛くなる。これはもう仕方がないですね。筋トレします。首の。

で、ポジションを意識して乗ったら坂も楽に上れました(遅いけど)。

ロードにはたまにしか乗れないので、これからは何か一つ課題を意識して乗るようにして基本を忘れないようにしないと。

PA160719.jpg

空が高くなりましたね。
もうすっかり秋かぁ。

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

開花宣言が出ましたね

Category : ツーリング・ポタリング
先週の日曜日に午前中すこしだけ時間ができたので、春うらら~な感じの多摩サイを下流まで走ってきました。
自転車に乗るのは久しぶりで、あれ、サイクルキャップどこにやったけなぁ・・・?なんて感じでした(笑)



狛江のDBK会場は異常なし!

花粉対策にピッタマスクというマスクを導入してみたのですが、コレなかなか良いですよ。
不織布のマスクと違って、ポリウレタンで作られています。薄いスポンジでできたマスクって感じです。
このマスクの凄いところは、蒸れないこと。呼吸が楽なんです。空気が通るってことなので、花粉も通り抜けてくるんじゃないの?と思う方もいるかと思いますが、大丈夫。全く問題ありません。
マスクに遮られた呼気が鼻の横を抜けてアイウェアを曇らせることもありません。メガネ男子の僕としては通勤でも使いたいくらいの逸品です。しかも洗って繰り返し使えるので経済的。
色もグレー展開があって、ウェアに合わせてもマスクだけ浮くということもないかと思います。花粉症の自転車乗りにはかなりお勧めできます。

さて、新兵器のマスクの効果にルンルンとしながら多摩サイを下流まで走ります。

P3210572.jpg

流石に休日の多摩サイ下流域。人がめっちゃ居ました(汗)
ロードバイクに乗っている人も増えましたね。新しいバイクに新しいウェア。いいですね。みんな無理にスピードを出さないことも感心しました。僕はもうスピードが出せないので、必然的に安全運転に(笑)
それにしても脚が弱ったなぁ。

P3210577.jpg

来週には満開になるでしょうか。

午前中縛りで往復60km。これだけで十分お腹いっぱいです。
午後は予定があったので無理に強度を上げる訳にもいかず、全体を通して抑え目に走りました。リハビリにはちょうど良かったです。

お酒ばかり飲んでいないで少しずつ自転車の方も復活させていきたいのですが、なかなか時間が取れないですね。
今年はブルベもイベントも参加予定がゼロ。これはこれである意味健全だと思うのですが、今までの生活からすると少し物足りない気がします。
せめて丸一日自由になる日を1日くらい作って、また長野の方まで脚を伸ばせればいいなと。あ、でもそんなに長距離走れないや(涙)

さて、飲んだお酒の記事も溜まっているので、この週末に一気に書き上げてしまおうかな(笑)

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

2016年走り初め

Category : ツーリング・ポタリング
今日は少し時間ができたので、昼過ぎに尾根幹を流してきました。

あまりに久しぶりのロードだったので、グレーチングにはまったり、轍に乗り上げてバランスを崩したりして、初心者ローディあるあるを何発かやらかしてきました。

気分転換に走りに出ただけですので、あまり攻めるような走りはせずに、少し汗をかくくらいかなーと思っていたのですが・・・。
なんですか、この暑さ(@_@;)

晩秋というか、もう春?といった気候ですね。風は若干冷たいものの、日向を走っていると暑くて汗をかいてしまいます。ジャージの前を開けて風を入れないと大変。



南野セブンにて

今日はローディの姿が見えなかったですね。

やっぱり短い時間でもロードに乗って体を動かした方がいいですね。
ストレスの解消方法がお酒だけというのは、やはり不健全ですし(笑)

P1100462.jpg

鶴牧団地のメタセコイア通り

四季をとおして景観が綺麗なお気に入りの通りです。
紅葉の季節に写真を撮ることは逃してしまいましたが、寒空に高くそびえるメタセコイアもなかなか悪くないですね。

ここで尾根幹を走っていると、たまに遭遇するガーミンのサイクルジャージを着たランナーを発見。多分4度目くらいかも。この方、ガーミンのサイクルジャージを着てランニングをされているんですが、自転車に乗っているところは見たことがないんですよね。素晴らしい脚の筋肉をされているので、きっとランも自転車も剛脚なんでしょうね。怖い怖い(-_-;)

P11004701.jpg

矢野口のローソンから東小山の交差点までを往復して30km。
2時間程度のリフレッシュでしたが、気持ち良く走れました。

さて、今夜も飲むぞー(笑)

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

プロフィール

セバス(SebasPSA)

Author:セバス(SebasPSA)
2012年10月、ロードデビューしました@Panasonic ORT15。
休日は尾根幹や多摩サイを中心にファンライドしています。
自転車ネタを中心に、書籍、音楽、デジタルライフ、お酒、料理の話など諸々。
※ご質問等は該当記事または最新記事コメントにてお願いします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
☆☆相互リンク大歓迎☆☆彡


アクセスカウンター
ご訪問ありがとうございますm(_ _)m
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR