スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CS6800ジュニアスプロケットをゲットしてみた

Category : メンテナンス・カスタマイズ
来週からもう3月。そろそろ世の中では卒業やら異動やらの動きが出始めて気忙しくなってくる頃ですね。
僕も今期の異動対象になっているので、4月以降の予定が全く立てられません。悶々としますねー。
今のところ3月28日の横浜あおばのBRM328道志みちだけが唯一のロングライドの予定です。

そうそう、先日抽選のあった今年のアルプスあずみのセンチュリーライドですが、これも見事に落選しました(泣)
去年は最高の天気の中、美しい北アルプスの山々を望みながらの素晴らしいイベントとなったのですが、抽選から漏れるとモチベーションが(苦笑)
後日先着順の申込みもあるのですが、エントリーするかは未定です。

今週末も日曜日(今日)、河津桜を見に行くつもりだったのですが、降る降る詐欺にあってしまいDNS。
もうやってられない゚(゚´Д`゚)゚。

そこで、密かに届いた秘密兵器を装着させることにしました。走らないならメンテ&カスタマイズだ!

P2201333.jpg

新しいカセットスプロケットです!
CS6800 アルテグラグレードのスプロケです。

今までずっと105グレードのスプロケを使い続けてきましたが、遂にアルテグラグレードです。

しかも・・・

P2201334.jpg

14T-28Tのジュニアスプロケット!

今まで11T-28Tの11sだったのですが、今回、トップ側を一気にざっくりなくしてしまいました(笑)
そう、超貧脚仕様!

今までのSC5800のギア構成は、

11-12-13-14-15-17-19-21-23-25-28T
でしたが、

今回導入したCS6800のギア構成は、

14-15-16-17-18-19-20-21-23-25-28T

となります。

14のトップから21Tまでクローズドレシオです。

普段使いではトップ側3枚はあまり使いませんからね。よく使う範囲が1Tづつあるのはなかなか良いのではないでしょうか?

っで、計ってみた。

P2201336.jpg

こちらが105のスプロケット。
276g。これが重いのか軽いのか未だに分かりません。

そして、

P2201335.jpg

こちらがアルテのスプロケット

なんと、上位グレードなのに20gも重い(笑)
まぁ大きなギアの構成が増えたので、仕方がないといえば仕方がないのですが・・・。


P2201337.jpg

早速、装着してみた。

14Tのトップギアに何となく違和感(笑)


まだ実走はしていないのですが、貧脚の僕にはきっと強い味方になってくれることでしょう。

105スプロケはデュラホイールに装着してエンデューロや高速走行用にしようと思います。

早く走って細かくギアチェンジをしてみたい(>_<)

スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

多摩区一周(タマイチ)

Category : ツーリング・ポタリング
自転車に乗っていると、「○○一周」という言葉をよく聞きますよね。
たとえば、三浦半島一周(三浦イチ)とか、琵琶湖一周(びわイチ)とか。
何かを一周するというのは目安としてとても分かりやすく、また、一周したということで達成感も得やすいのだと思います。

僕も三浦イチを走って、何かを一筆書きで周るの楽しさというのを知っていますので、次は何イチをしようかなーと常日頃から考えてはいるのですが、伊豆半島一周(伊豆イチ)や佐渡島一周(佐渡イチ)などはどれもレベルが高く二の足を踏んでいるところでした。

そこで、お気楽に何か一周できるものはないかと考えたところ、自分の住んでいる街を一周してはどうだろうと思いました。
幸いにも僕の家は多摩区の外れに位置しているので、家の近所を起点に多摩区一周を思いついたのでした。

多摩区は川崎市の北部に位置し、麻生区と並んで川崎のチベットと称される未開の地とされますが、住んでいる人間からすれば、暮らしやすく、環境の良さでいったら南の方の区よりよっぽどマシ(ウチの家人談)だそうで(笑)

僕は3年前に川崎に越してきたばかりで、あまり自分の市や区のことを知らないので、これを機会に地元再発見的なことをしてみようかなと。

もちろんポタポタですので、プレスポで出発。カジュアルな服装で、デジイチを背中に背負って走ります。

まずは、矢野口交差点から少し京王稲田堤駅方面に進んだところにあるユニクロへ。

P2150610.jpg

ここが多摩区と稲城市矢野口の境。

ここから菅中学校の脇を抜けて稲城七小を通り過ぎます。すると、ランド坂の下にでます。

P2150614.jpg

ここに、穴澤天神社という地元では少し有名な神社があります。下から階段を登ると結構な段数があるので、今日は割愛。区境はこの神社の裏手にあるのですが、道がないので一旦京王読売ランド駅方面に進みます。そこからランド坂を登ります。

P2150615.jpg

読売ランドに到着したら、西生田の方へ進まずに、生田スタジオ方面に進みます。下って津久井道に出るのは同じなんですが、なるべく区境に沿って走るのが今日の目標ですから。

多摩美の住宅街をウロウロと、ここは麻生区です(笑)

P2150626.jpg

津久井道に出ます。

ここで小田急線を超えて麻生区高石と多摩区西生田の境を進みます。ここも激坂だった。

生田病院の手前で本日の最高標高地点に。
柑橘系の果物畑がありました。ここから麻生区東百合丘と多摩区南生田の境を進みます。もちろん下りも激坂(苦笑)

P2150641.jpg

西長沢の交差点を過ぎると、潮見台の浄水場があります。
ちょうどこの辺りで多摩区、麻生区、宮前区の3区が接します。この浄水場ですが、1周1.5kmの信号のないコースなので、ロードバイクでトレーニングをしている人が何人かいましたね。

ここからは麻生区を離れ、宮前区との区境を進みます。右手は菅生ケ丘になります。

P2150645.jpg

生田高校の裏手を通り、聖マリアンナ医大の前まで進みます。この「聖マリ」ですが、無理くり宮前区にしたような区境の引き方です。

秋月院の前を通り、長沢浄水場の前に出ます。この辺は浄水場が多いですね。

P2150647.jpg

区境は生田緑地の中を突っ切る形であるのですが、自転車で通行することができませんので初山の住宅街を抜けます。

P2150651.jpg

初山交差点の近くに、「とんもり谷戸」という山があります。近所の子供はよくここで遊ぶらしく、なるほど自然豊かな場所だと思いました。で、このとんもり谷戸から東生田の住宅街を抜けるんですが、ここが激坂のオンパレードでもう何が何やら。よくこんなところに住宅街を作ったもんだ!

ちょっと張り切ってアップダウンをこなしてしまったので、平のセブンイレブンでコーヒーブレイク。

ここから更に登ります(笑)
もうね、今回の多摩区一周、20%クラスの激坂がそこかしこにあって、まったりポタのハズなんですが、かなり脚を削られています。

P2150655.jpg

五所塚までくると長尾の山があり(府中街道の旧道から始まる長尾の坂は登り甲斐があっていいですね)、この向こうに藤子F不二雄ミュージアムがあります。まだ行ったことないんだよなー。

多摩区長尾と宮前区神木本町の境を進み東名高速を超えます。
高速を越えたところに東高根森林公園があります。そこで、菜の花が咲いているのを見つけました。

P2150662.jpg

もうすぐ春ですね~。

この東高根森林公園の辺りで、多摩区、宮前区、高津区の3区が接します。

喜津根坂を下って府中街道の旧道に出ます。久しぶりの平地だー(泣)

旧道を久地駅方面に走ります。

久地駅前から川沿いに久地小まで進み、府中街道の新道を渡って宇奈根に出ます。

P2150671.jpg

ここまで来れば、多摩川です。


後は多摩サイを上流に進めば多摩区一周コンプリートです◎

P2150681.jpg

途中、多摩区の中心、登戸の多摩区役所にも寄って記念撮影♪


食後は再び多摩サイへ。二ケ領堰を過ぎて京王線の高架下へ。

ここには・・・

P2150685.jpg

「たぬきや」というお店。

多摩区の居酒屋の最右翼というか何と言うか。

今日はローディーさんが沢山いましたね。僕は中には入りませんでしたが、家から徒歩圏内ですのでアルコール摂取可能な状態で訪れたいと思います。

P2150676.jpg

そして、再びスタート地点に戻って多摩区イチ完了!

約30kmの行程でした。

さすが生田の山を切り開いて出来た街。アップダウンが多かったです。
何度となく激坂が現れ本当にビックリしますが、登り好きの僕にはご褒美ってなもんで(笑)

ルートはまだまだ改善の余地がありますが、次に周るときはグルメや歴史にフォーカスして色々な楽しみ方をしたいと思います。

みなさんも是非○○一周を楽しんでみてください。

あ、デジイチ背負って走っても腕がないとダメですね(笑)


本日のルートをば


テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

ローラーブルベに参加しました

Category : ブルベ
2月8日に参加を予定していたVCR横浜青葉のBRM208伊豆200kmが所用でDNSとなり、いよいよ今年はブルベ走れないんじゃないかと不安を抱いていたところ、りゅーせいさんから、「ローラーブルベ」のエントリーを勧められました。

「ローラーブルベ」とは、R札幌が主催(?)するイベントで、自転車で規定の距離を規定時間内に走破するという、まさにブルベなのですが、コースは室内ローラー台の上と、一歩も外に出ないブルベです(屋外で行っても構わないんでしょうけどね。)

そう、このブルベはローラー台に乗って超長距離を走るブルベです!

こういうの嫌いじゃないんですよね!(笑)

2015年のローラーブルベは2月11日午前8時スタート。
この日は夕方から用事があり外出できない。家人も僕が家にいる限り文句はないだろう(外に遊びに行くためには家庭内マイルを貯める必要があるんです)。となれば参加を阻むものはない。
Googleフォームに必要事項を入力して・・・・・ポチッ。

申し込んだったどー!

ローラーブルベは100km、200km、300kmの距離があり、それぞれに3本ローラー又は固定ローラーのエントリー枠があります。

僕は3本も固定も両方持っているのですが、乗っている間の上半身の自由を確保しておきたかったので固定ローラーの部にエントリーしました(だって固定なら乗りながら本も読めるし・・・・・意識が低い(┯_┯))

2月4日のエントリー締切後にエントリーリストが公開されましたが、なんと今年は30名ものエントリーが(笑)
そもそもこのローラーブルベ、雪で走れない期間が長い北海道で、少しでもブルベ感を味わいたいと始まったものらしいのですが、僕を含め関東人多過ぎ(笑)外に走りに行きましょう!

さて、いよいよ本番当日(といっても、2月11日の前後7日間出走可能なので、正確に開催日という概念はないのかもしれません。)、スタートの1時間前に起床。
補給食を自室に運び、ローラー台の前にパソコンをセット。YouTubeで動画を見ながら走ってやろうという魂胆です。

スタート

午前8時。スタート。

これから自分の部屋から一歩も出ずに200km走るという壮大な悪ふざけが始まる。

それにしても・・・暇なの(笑)
普段ならケイデンス100キープとか、心拍80%キープとか、ターゲットを決めて練習するんですが、今はブルベの最中。
わざわざ負荷を高めて自分を追い込む必要はありません。
一定のペースで淡々と回す。これがコツだとどこかで見たような見なかったような。

PC1.jpg


PC1 50km地点 9:38 スタートから1時間38分経過

悪くないペースだと思うんですが。
1時間半余りの時間を僕がローラー台の上で何をしていたのかというと、ニコ動でプレイ動画を見ていました(笑)
いや、本当はロードレースの動画とか見ようと思っていたんですが、つい(笑)


その後もプレイ動画を見ながら黙々と回します。少しでも距離を稼ごうと休憩もそこそこに続けます。

ちなみに、PCのチェックですが、通常のブルベではコンビニ等でレシートをもらって通過証明にすることが多いですが、一歩も外に出ないローラーブルベでは、サイコンの写真を撮って、それを完走後に主催者に送ることで通過証明とします。

PC2.jpg


PC2 100km地点 11:34 スタートから3時間34分経過

ペースが落ちている。このままだと、間に合わない!

ローラーブルベにも制限時間が設けられていて、僕が参加した200kmの部では
PC1 午前11時22分
PC2 午後2時44分
PC3  午後6時6分
ゴール 午後9時30分
といった具合に。

公式の足切りラインと比べると随分と貯金があるように思われますが、この日は午後から用事があり、15時過ぎには出かけなければならなかったのです。シャワーの時間も考えると、何とか14時半にはゴールしたいところ。
ただでさえMっ気のある企画なのに、何だって自分で難度を上げているんだか!

このままだと我が家の足切りにあってしまう可能性が高い。今日はここで止めて、後日時間があるときに走り直すということは出来るんだろうか?諦めてしまいたいという弱気と、また挑戦したいという強気が混ざった複雑な感情で頭がいっぱいになります。

DNF報告フォームが公式サイトに用意されているくらいだから、きっと走り直しはNGだよな。でも今日は絶対に出かけなければならないし・・・。

まったく、最近諦めて癖がついていけません。いつから僕はこんなに弱い大人になったんだ?
間に合わないなら、間に合わせればいいじゃないか。
僕はヘッドフォンを外し目の前にあるパソコンの電源を切った。

「っっしょ〜!」と、どこかで聞いたことのある雄叫びをあげ、巡行速度を高めます。
急に叫びだした世帯主を、マルチーズを抱いた家人が不審そうに扉の隙間から覗く。触らぬ神に祟りなし。

PC3.jpg

PC3 150km地点 13:08 スタートから5時間8分経過

随分とペースを上げたつもりだったけれど、まだ間に合いそうにない。
こうなったらやむを得ない。チートだとは思うけどローラー台の負荷ダイヤルをL(最弱)の位置にセット。
すると、随分とペダルが軽く感じます。今まで負荷レベル3だったので、ケイデンンスもどんどん上がります。

ゴール

ゴール 200km地点 14:44 スタートから6時間44分

本当は14時30分までにはゴールしたかったのですが、甘かったです。
後半はひたすらメーターの数字を見つめながらの苦行でした。PCでも写真を乗るだけで、ほとんど脚を休めることをしませんでした。おかげでかなーり疲れました(笑)

今回は無事に完走することができましたが、やはり実走の方が楽しいですね!

しかし、自転車という手段のためなら目的は問わないこういう試みは面白いと思います。
また機会があれば、次は3本ローラーで挑戦してみようと思います。

100kmで十分ですけどね!(笑)

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

プロフィール

セバス(SebasPSA)

Author:セバス(SebasPSA)
2012年10月、ロードデビューしました@Panasonic ORT15。
休日は尾根幹や多摩サイを中心にファンライドしています。
自転車ネタを中心に、書籍、音楽、デジタルライフ、お酒、料理の話など諸々。
※ご質問等は該当記事または最新記事コメントにてお願いします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
☆☆相互リンク大歓迎☆☆彡


アクセスカウンター
ご訪問ありがとうございますm(_ _)m
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。