スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランドネきたかん【中編】

Category : ブルベ
海は広いな、大きいな~♪よりも、
海よ~、俺の海よ~♪の方がしっくりくるのはなぜでしょう?

P5231368.jpg

大洗マリンタワーを後にして、PC1の後は水戸の市街地を目指します。
目的地は東回りのおもてなしポイントである千波湖(109km地点)です。
千波湖は近くを通ったことがあるのですが、実際訪れたことはなかったんですよね。
水戸市民の憩いの場。ここに今回のおもてなしポイントが設置されています。

P5231373.jpg

有人チェックを済ませるとおしぼりと水と補給食が提供されます。
水はボトルに移し替えてます。瓶入の梅ジュースはサラッと飲めてしまいました。
疲れた体に梅の甘酸っぱさが染みます。

P5231372.jpg

補給食の地元銘菓ですが、黄門漫遊というお饅頭みたいなもの、森のシェーブル館のレアチーズタルト、
トーア乳業の梅どら焼きです。
お饅頭は一口で(笑)レアチーズタルトは冷たく冷やされていて美味しかったです。
こちらも梅のジャムが使われていました。

P5231374.jpg

で、どら焼きですよ。大きいの、とっても。これは今食べられないなぁと、
そっとサドルバッグにしまわせて頂きました。
水戸黄門の像の前で少し休憩します。
ランドネの関係者も多いのですが、散歩やランニングを楽しんでいる方が多く、
本当に賑わっている公園なんだなーと感心。

15分くらい休みましたかね。そろそろ日が傾き始めたので、根が生える前に出発することにします。
行ってらっしゃい、頑張ってー!と、スタッフの方に見送られ千波湖を後にします。

この水戸の市街地を走っていると5人くらいの集団と一緒になったのですが、
どうもペースが合わなかったので先に行ってもらうことにしました。
ブルベの時はあまり脚が合う人っていないんですよね。
自分がもう少し速く走れば速い組に着いて行けるのかもしれませんね。

水戸市内の街道を走っていると、車の後部座席から「頑張ってくださーい!」と、少年にエールをもらいました。
「頑張りマース」と右手を上げて応えます。
沿道の方からも「頑張ってー!」とお声を掛けていただき、走っていて元気が出ました。
応援されるって本当に嬉しいことですね。

友部を抜けて笠間の街を走っているときに日が暮れました。
内陸の小さな街の夕方ってのはどうしてこうノスタルジックなんでしょう?
こういう気分になるのもランドネ(旅)のいい所なんでしょうね。

ちなみに、笠間と言えば、笠間稲荷と笠間焼ですが、笠間焼は益子焼に比べると、
土っぽさが抑えられ、少し上品な感じがします。田舎のカフェには益子焼のような
素朴な感じが合うと思いますが、郊外のスタイリッシュなカフェには笠間焼の方が
相性がいいかもしれません。

午後7時。162 km地点。 PC2 セブンイレブン二宮バイパス店

ここで夕飯を食べる参加者が多かったように思えます。
まだまだセンチュリー程度の距離しか走っていないので、普段のライドなら疲れることもないのですが、
久々のブルベということもあり胃の元気がありません。
牛乳を買ってサドルバッグの中のどら焼きを食べることにしました。
あんこの代わりに梅の餡が入っていて、甘さも控えめで食べやすかったです。Good Job!

ここでも10分程度の休憩で再スタート。
前からそうですが、この休憩の短さが後半タレる原因なんじゃないかなと。
どうなんでしょうね?

しばらく走ると国道旧4号と交差します。
小山の乙女屋という和菓子屋がある交差点なんですが、小学生の頃に母のリクエストで
名物の苺大福を買いに来たことがあります。自転車ですよ。
真冬の寒い日だったのですが、朝5時に起きて出発。
母が魔法瓶にコーヒーを用意して持たせてくれたのを覚えています。
往復で60kmくらいの道のりでしたが、当時にしては十分に冒険でした。

ここから実家に帰るのが最短ルートなんだけどなぁ。
そんな誘惑を振り切って先に進みます。

栃木市内の田園地帯、小山西高校の付近で一瞬道に迷いました。
無事にルート復帰できたのですが、一瞬の動揺のせいで一気に体に疲労感が出てきました。
本当に自転車ってメンタルが大きく影響するスポーツですね。

少し気持ち悪くなってしまったので、カフェスペースのあるファミマに退避。
暖かい珈琲で体を落ち着かせます。
すると、1人参加者の方が入店されて、どうやら用事ができたため、ここでDNFするとのこと。
ここから自走でろまんちっく村まで戻って車で帰るそうです。
しかし、駐車場が2時まで開かないという情報が(笑)
え、どーするの?って話になったのですが、しばらく時間をつぶして調整するとのことでした。
なるほど、車で来ている人はDNFするならスタートまで戻らなければならないんですね。

大平山の下り付近で何人か落車した参加者がいたようです。
大事にはなっていなかったようですが、疲れが出てきたところで、夜道の下りですから、慎重に
走らねばなりませんね。

ちなみに、足利市内で少し一緒に走った参加者の方も落車したみたいで、新車にキズが付いたと
言って悔しがっておられました。
自転車乗りってのは自分の怪我より愛車のキズの方が気になりますからね。そういうものです(笑)

そして、佐野から足利までの区間では西回りの参加者とのスライドが沢山ありました。

すれ違いの際に「ガンバロー!」と声を掛け合ったり、片手を上げて挨拶したりしてお互いを勇気付けます。
このすれ違いはなかなか面白いイベントですね。
真夜中のランドヌールの集団はなかなか迫力があります(笑)

P5231376.jpg

さて、桐生市に入ると、いよいよ赤城山の麓を登ります。
なんで日付跨ぎでこんな登りを走ってるんだろう?

P5241377.jpg

もう眠くてですね。全然力が入らない。完全に蛇行です。
街灯もないので本当に真っ暗。前照灯が照らす僅かな空間だけが眼前に浮かび上がります。
そんなにきつい登りではないので、事前の計画ではもう少し楽しめるはずだったのですが、
全然楽しくない(笑)もちろん足つきして眠気を飛ばしたりしますが、本当に真っ暗過ぎて笑えます。
あ、でも前橋の夜景がとても綺麗に見えました。かなり見応えのある夜景でした。
でもやっぱり明るいうちに走りたい道ですね。

登りが終わって一気に下ると次のPCです。

午前1時40分。263km地点。PC3 セブンイレブン前橋富士見大鳥居店。

今レシートを見て買った物を確認しましたが、全然記憶にありません。
相当眠かったんでしょうね。それでも仮眠はしませんでしたが。
で、ここで寒くなったので用意しておいたTシャツを着込みます。しばらく下りですし、夜中の北関東は
まだまだ冷えますからね。

前橋市内は何度か来たことがあるのですが、夜中に走るのは初めてでした。
どこも暗くて写真を撮っても前橋っぽさが出ないので困ったものです。
おもてなしポイントであったろう場所も真っ暗(笑)

P5241379.jpg

前橋から高崎方面へは利根川CRを通るんですが、ここも真っ暗。
通常ブルベは公道を利用するので、CRを通ることはありません。
夜中のCRはうっかり散歩をしている人がいると危ないので、コースから外した方がいいかもしれませんね。
日中は景色が良いかもしれませんが、夜は暗闇の中を川の音を聞きながら走るだけなので
ちょっと怖いですよ・・・。

高崎市内に入るとうっすら夜が明け始めてきました。
高崎の市役所前でおにぎり補給タイム。夜明け前ってお腹空きません?

P5241380.jpg

高崎の観音様の前で日の出を迎えました。
御利益あるかな~。

午前4時25分。294km地点。PC4 高崎石原町店。

眠さがピークに達したので、駐車場に座って30分ほど仮眠を取りました。
寒い・・・。

アラームは付けていなかったのですが、自然と30分くらいで目が覚めました。
カフェオレを補給してスタートです。

この先は、例幣使街道という古い歴史ある道をずっと走ります。
確か、日光東照宮に何かを運ぶ人が通った道です。

走り始めてそんなにしないうちに、再び眠気が襲ってきました。
マイクロスリープの症状も現れ、無理は禁物ということで、群馬の森公園の東屋で横になって休むことに。

P52141382.jpg

これ以上仮眠を取る余裕は時間的になかったのですが、安全は何よりも優先されますからね。
それに、こんなタイミングで帝国ホテル(屋根付きベンチ)が現れるのも何かのご縁です(笑)

完走が怪しくなってきたのですが、この辺で後編につづきます。
スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

ランドネきたかん【前編】

Category : ブルベ
去る5月22日に開催された「ランドネ北関東ブルベ走行会400km」ですが、
なんとか無事に完走してきましたー。
東回り西回り合わせて244人が参加した今回の走行会ですが、
初開催ということもあり運営サイドは色々大変そうでした。
走る方も結構大変でした(久しぶりのブルベだったので)。

来年の参加を検討されている方の参考にしていただけるよう、
駄文ですがレポートをまとめたいと思います。
今回はイベントの目的でもある北関東のPRのために、
いつもより丁寧に長く書きますので、3部作くらいになるかもです(笑)

走行会当日は見事に晴れ。宇都宮の最高気温は29℃と、絶好のサイクリング日和となりました。
受付は午前8時~9時10分までと長めですが、受付順にスタートするウェーブ方式です。
第1ウェーブのスタートは午前10時。以降5分間隔で東回り西回り各20人ずつスタートします。
僕は何故か最終ウェーブでスタートしたくなるんですよね。

受付でブルベカードを受け取り名前を記入します。
今回は認定があるブルベではないので、カードの記載も鉛筆で住所の記載が不要など
簡略化されています。
記念開催なので某三浦の走行会のようにキャラクターが印刷されていても良かったかもですね、餃子とか(笑)

IMG_0919.jpg

受付時間が終わり、イベントの開会式的なものが行われました。
4市の市長や副市長、ゲストライダーが壇上に登り、挨拶やら記念撮影やらを行います。
安田大サーカスの団長が宣誓を行いましたが、調子が悪かったんですかね、
イマイチ参加者の心を掴めなかったようです(笑)

僕は7つのウェーブのうち第6ウェーブのスタートをゲットしたので、
開会セレモニーの後スタートまで30分くらい時間ができました。
自転車界隈の知り合いには大体挨拶してしまったので、ここはグルメに走るのが吉。
と言うことで、kurajiさんが食べたいと言っていた豚カリーをいただくことに♪

kare.jpg

これが美味い!トロトロの豚肉の塊が旨みのあるスープ状のカレーの中に沈んでいるんですが、
辛さはなく、スパイスも全体のバランスを損なわない程度に効いていて、何より主役は豚肉ですって感じが良い!
走る前ですが他の種類も食べ比べしたくなりました。
群馬を通る頃は真夜中だろうから、スタート前に群馬グルメを食べられて良かった。

カレーを完食した勢いで次は上州牛の串焼きかなーと物色していたところ、
第6ウェーブの車検が始まる案内がありました。
スタート時は上州和太鼓か宇都宮のjazzが演奏され気分を盛り上げてくれます。
そう言えば同じウェーブに竹フレームのロードの人がいましたね。あれはもしや・・・・・。

P5231360.jpg

午前10時25分、ランドネ北関東400kmスタートです。
スタート地点には多くの応援の方がいらっしゃっていて、沿道から声を掛けていただきました。
サイクルイベントってこういうのがいいですよね。

ろまんちっく村を出ると東回りは右折、西回りは左折とコースが分かれます。
再び会うのはスライドの時、そしてゴールの時。
お互いの健闘を祈ってエールを交換します。
「では、200km先でまた会いましょう♪」

ろまんちっく村から先はしばらく宇都宮北部の田園風景の中を走ります。
栃木勤務時代に毎日見ていた風景。
暑くも寒くもなく走りやすいんですが、若干向かい風が気になります。

芳賀の工業団地を抜け栃木県東部の山道に入ります。
信号もなく道も真っ直ぐで、そしてSL!真岡鉄道の機関車と併走ですよ皆さん!
絶好のロケーションで鉄分補給です。
おにぎりとお茶を準備して一眼を構えてボーッとしていたい(注•ブルベ中です)。

無題


PCではないのですが、道の駅もてぎには大勢の参加者がいました。
PC1までは93kmありますから、途中の休憩にはちょうどいいのかもしれません。
もちろん、もてぎの道の駅に来たら「おとめミルクアイス」を食べなければなりません。
12月~5月までの限定で(1年のうち半分は食べられるのですが)地元の苺を使ったアイス。
これ美味しいんですよ。シェアできる方がいる場合はゆずアイスも美味しいので是非。
もてぎのエンデューロに出るときは会場であるツインリンクから近くなので帰りに寄ってみてもいいですね。

P5231363.jpg


道の駅もてぎを過ぎると、程なくして茨城県に突入。
山道が終わり田園風景が広がってくると強い向かい風が吹き付けてきます。
PC1の前にこの向かい風は堪えます。
自転車と自分の体重が重いのでバランスを失うことはありませんでしたが、
メーター読み30km/hはなかなか出ません。
前半で弱音を吐くわけにはいきませんから、他の参加者を追い抜く際には「ファイトでーす!」
と声を掛けて自分自身にも気合いを入れます。

田んぼが少なくなり、市街地に入ると那珂湊です。
時間がちょうど良ければ那珂湊港の市場でグルメもしたかったんですが、まだPC1前なので記念撮影のみ。
次回があればリベンジしたい場所No1に指定。

P5231366.jpg

さらに進み海門橋を渡ると、そこはそう、子どもの頃から親に車で連れて来てもらい、
多くの想い出が残る、栃木県民にとっての「海」、大洗。

P5231367.jpg

ガルパン人気でアニメによる町おこしに成功した例として紹介されることが多いですが、
栃木県民にとったらリアル聖地な訳で、自転車少年なら栃木~大洗に一度は挑んでいるのではないでしょうか。
かく言う僕もママチャリやMTBルック車で何度も挑戦し益子や茂木あたりでリタイヤして引き返した
苦い思い出があります。

ついに自走でここに来たんだと思うと感慨深いです。
せっかくなので磯前神社参りもしたかったのですが、PC1前なので(略)

そして、僕が東回りを選んだ理由の一つが、大洗海岸を日中走りたかったからです。
実はトップチューブバッグにiPod nanoとモバイルスピーカーを忍ばせており、
挫けそうになったら音楽を聴こうと思っていたのです。
それとは別に、海沿いを音楽を聴きながら走りたかったんですね。
もちろん、周囲の迷惑にならない程度の音量ですが。
ここで流すのは「夏色えがおで1,2,Jump!」


午後2時過ぎ。 93km地点。PC1ファミリーマート大洗磯浜店。

PCでのチェック方法は通常のブルベと同様にレシートによる通過証明の他、
店舗に備えてある名簿にチェック時間を記入するというもの。
これ、買い物をしてレシートに打刻された時間を名簿に記入するんだと思うんですが
(でないとブルベカードと平仄が合いませんから)、到着後急いで名簿に時間を記入して、
その後で買い物をしている方がいましたね。

P5231370.jpg

実はPCのコンビニは混むだろうと予想して、ちょっと前のコンビニで食事を済ませてきいたので、
ここではドリンクの補給のみ。休み休み走っているので大休憩を取る必要はありません。
ということで、滞在5分で出発。

さあ、海風よ十分に背中を押したまえー!

P5231371.jpg

大洗を後にし、次は西を目指します。

中編につづきます。

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

ランドネきたかん【準備編】

Category : イベント
ゴールデンウィークも終わり、働きたくない度MAXのみなさま、こんにちは!
5月に入ってようやく晴れの週末が続くようになり、いよいよ自転車シーズンっぽさが出てきましたね。

今日は榛名ヒルクライムが開催されているようで、DBKからも何人か参加しています。
僕は登りが亀よりも遅い自信がありますので、ヒルクラが好きだなんて口が裂けても言えないのですが(笑)
来年あたりはどこかの大会に出られればなぁと画策しています。
しかし、5月後半の週末はイベントが沢山あるので悩ましいですね。

さて、去年はアルプスあづみのセンチュリーライドに参加したのですが、今年は抽選に漏れてしまい、
なんだかなーと不貞腐れていたのですが、今年初開催の「ランドネきたかん」なるイベントが開催される
との情報を得てエントリーしてみました。

img033.jpg

このランドネきたかんは、宇都宮、水戸、前橋、群馬県高崎市の4市で構成する「北関東中核都市連携会議」が
初の広域観光事業として4市を結ぶ自転車の長距離イベント「ブルベ」を開催するものです。

地元新聞ではちょっとしたニュースになりました
→ http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20150216/1872905

要するに、自治体が開催するブルベって感じですね。サポートはAJ宇都宮のスタッフさんがやっている
ようです。

さて、このランドネきたかんですが、東回りと西回りとで計200人近く参加者がいます。
参加資格は300km以上のサイクリング経験があって、保険に入っていること。と、一般のブルベの
400kmのエントリーと同じですね。
今回は、第1回目の開催ということで、400kmブルベとしての認定はないようですが、多くの参加者は
ブルベ経験者なのではないでしょうか?エントリーリストを見るとよく見る名前が沢山(笑)

ブルベに参加したことがある人なら言わずもがなですが、開催が決定したときから、
主催側が口酸っぱく言っているのが、
「これはレースではありません」
ということ。

あくまでブルベであり(今回は認定がないので「走行会」という位置づけ)、時間内に完走することが
全てであり、順位を競うものではないということです。
一部のランドヌールには着順や認定時間に拘る方がいらっしゃいますが、それはあまり意味がないと。
もちろん速く走れる方は凄いと思いますが。

ブルベは旅であり、自転車で超長距離を走ることを楽しむことが基本のはずです。
もちろん、時代とともにブルベの在り方っていうのは変わるのかもしれませんが、少なくとも
今回のランドネきたかんは、この基本に則って開催されるものなのかなぁと思っています。

今回、地元プロチームの選手が走るということとなり、一部ではレースじゃないのにどうなのよ
って声も聞こえますが、イベントのゲスト的なもので、ペースコントロールとかそんなことはない
と思っています。そもそも、お祭りですからね、ゲストがいないと盛り上がらないじゃないですか!

400kmを27時間で走るのは通常のブルベと同様ですが、個人的にはもう少し制限時間が
緩くてもいいのではないかと思っています。
北関東4市を回る観光ブルベですから、できるなら行った先々でゆっくりしたいなと(笑)

ランドヌールが途中の街でお金を落とすことはそもそも期待できませんので、主目的は
観光PRなんだと思います。だとすると、ただ4市を通過するだけでなく、そこで名所を
訪れ、名物を食し、後日SNSやら口コミで評判を広げるという経緯がが予定されている
はずです。だったらもう少し大洗や佐野や前橋や鹿沼でゆっくりしたーい!
もちろん、この走行会の開催自体が大きな宣伝になっていると思いますけどね。

というわけで、この走行会で僕は制限時間を十分に使い切って走ろうと思います。

で、今日は久々に400kmを走るので、装備の点検を兼ねて50kmほど走ってきました。

IMG_0905.jpg

フロントバッグが好きではないので、トップチューブバッグ仕様です。
ダブルボトル必要かなぁ?

こんな装備で東回り最後尾付近を走っています。あと、ジャージは多分ろんぐらいだぁす!ジャージです(笑)

今回の走行会の結果次第で、次回が認定ありの正式なブルベになるのか、サイクルイベント的になるのか
分かれるのかもしれません。
とにかく、事故なく楽しく走れますように!

あ、キューシート加工しなきゃ(笑)

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

プロフィール

セバス(SebasPSA)

Author:セバス(SebasPSA)
2012年10月、ロードデビューしました@Panasonic ORT15。
休日は尾根幹や多摩サイを中心にファンライドしています。
自転車ネタを中心に、書籍、音楽、デジタルライフ、お酒、料理の話など諸々。
※ご質問等は該当記事または最新記事コメントにてお願いします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
☆☆相互リンク大歓迎☆☆彡


アクセスカウンター
ご訪問ありがとうございますm(_ _)m
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。