スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロードバイク考(その2くらい)

Category : ロードバイク考
暑さも一段落して秋のサイクリングシーズンを迎えようとしていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?


ロードバイクを買うと言い続けてそろそろ2年になります。プレスポをロード化してしまったことが

ロード購入を躊躇させる一因であることは間違いありませんね。

丁度良くまとまってるんですよね、僕のプレスポ。もちろん重量級ですのでロードのように早く走れませんが。


僕がロードを買うとしたら、間違いなくホリゾンタルフレームの物を選ぶでしょうね。

自転車といえばやはりアノ形なんです。最近主流のカーボンバイクは低重心化と軽量化のため、殆どが

スローピングフレームです。これはこれで良いのでしょうが、スローピングはプレスポで十分です(笑)


自転車を選ぶときに重要な要素は?

①素材 ②デザイン・カラー ③値段 ④メーカー ⑤サイズ などがあると思います。

この内、サイズっていうものがよく分からず、ネットで収集した拙い知識をここにまとめてみようと思います。


そもそもサイズとは何か?

メーカーによってSML表示のものと〇〇〇mm表示のものがあります。

さらにこれらに対応して適正身長○cm~○cmと言う表示があります。これらは一体どういう関係か?

まず、○○○mmという表示ですが、これは主にシートチューブ長を指すようです。

確かに、ここの長さによって股下の長さが大体決まり、そのフレームの大きさが定まると言っても

過言ではないように思えます。


そして、SMLという表示ですが、これは各メーカーがフレームの大きさを区分して、購入者の選択の

便宜のためにサイズ分けをしているようです。


では、一体何を基準にフレームサイズを選べばよいか?

諸説ありますが、僕はトップチューブ長を基準に選ぶのが妥当だと考えます。

某サイトによりますと、日本人の平均的体型を想定して設計したBRIDGESTONE ANCHORのジオメトリ表が基準として

は適しているとのこと。→セオサイクルのサイト


例えば、身長173cmの僕ならば、480mmサイズのフレームが適正。

そして、この適正サイズのトップチューブ長は535mm。トップチューブ長を基準にフレームサイズを

選ぶ説によれば、他のメーカーのジオメトリ表でフレームサイズ表記が異なっても、

トップチューブ長が535mmのフレームサイズを選べば良いということ。


horizopntal.png

ジオメトリ


例えば、BRIDGESTONE Anchorでの適正サイズはトップチューブ長535mmの480サイズですが、

このPanasonic ORTのジオメトリ表では、トップチューブ長が535mmのフレームは540サイズという

ことになります。


なるほど、確かにトップチューブ長を基準にフレームを選ぶ方法は基準として明確で分かりやすいものです。

では、なぜトップチューブ長基準か?それは、乗車体勢です。

人によってどの体勢で乗るのが楽というのはあると思いますが、一般にお腹にバスケットボールを

抱えるくらいの体の曲げ方(胴角度)60度くらい及びブラケットポジションでの脇の開き(肩角度)

80度くらいが目安と言われています。トップチューブ長はこの角度を左右する長さということです。

ステムやサドル位置で調整できるとはいえ、できれば変に調整せずにビシっと乗りたいですよね。


スローピングフレームを検討する場合には、さらにホリゾンタル換算が必要になりますが、僕には

不要ですかね。


と、まぁドロハン化してハンドルが遠くなったプレスポに乗り続けていると、トップチューブ長やら

フレームサイズやらが気になってくるものなんです。

今よりもずっと自転車に関する知識がなかった頃に買ったプレスポです。ストレートハンドルのまま

ならば「Mサイズ」で丁度よかったのかもしれませんが、ドロハン化するなら「Sサイズ」でも

良かったのかもしれません。


そもそもプレスポのジオメトリって公表されていないんですよね。ちょっと測ってみようかな?


というわけで、ロードバイクのフレームサイズについて調べている内に、自分に適正なサイズが

分かってきました。本当は、試乗してみるのが一番なんでしょうけれど、なかなか出来そうにありません。


さーてと、秋のサイクリングシーズンに向けてロード買ってしまおうかな(笑)


注)この記事はあくまで私見であり、誤解や偏見が多数あるかもしれません。参考にされる方はご注意

ください。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

Comment

こんばんは。

自転車のカスタマイズを検索していたら、こちらにたどり着きました。
フォークの交換はとても参考になりました。

さて、私はホリゾンタルフレームの自転車を入手したのですが、ホリゾンタルフレームが特徴の自転車でも、メーカーや車種によっては、サイズが小さくなるほどスローピングが大きくになっていく場合があります。

メーカーによっては、写真にサイズが記入されていない場合もありますので、ご購入の際はご注意なさってくださいね。

あとは、スタンドオーバーハイトです。スローピングの場合はほとんど気にしなくても大丈夫ですが、これが大きいと降りた時に股間を打ち付けることになってしまいますので、自転車屋さんに実車があるなら是非またがってみることをお勧めいたします。

これからサイクリング向きの季節になってきますね。
各メーカーが2013年モデルを出してきてますし、2012年モデルは値下げされてます。選択肢の多い時期です。

初コメントなのに長文失礼いたしました。

こんばんは。
バイクのサイズ選定は非常に重要な事だと思います。
私もサドルポジションとステム長を変更して乗っていますが、
本当に自分に合っているのか未だに疑問です。(笑)
一度しっかりショップに相談した方が良いかも?です。

バイクサイズ・・・

プレスポのときはあえてSを買いました。
その後ブルホーン化して丁度よかったですw
フレームのスローピングとシートポストの長さが足りないのがあとで発覚。

今回のFELT F85はサイズは510mmにしました。
480mmはわずかにスローピングつきますので・・・
今後ポジション的には下ハン握って快適なポジション探しの旅が始まるかもですw

ひとつ心配なのが完全たるホリゾンタルではないフレームですがわりと
トップチューブは水平に近いので降車時に股間を強打しないかだけが気になりますwww


今日か明日にはおそらく納車されますよ。
昨日、連絡だけありましたので取り急ぎご報告まで^^

>>ホリゾンタルHさん

初めまして。コメントありがとうございます。

確かにホリゾンタルフレームでも小さいサイズになると若干スローピングがつくようですね。僕の狙っているサイズ帯では完全にホリゾンタルのようです。

スタンドオーバーハイトは重要な問題です。一歩間違えると停止時に大変なことになりますからね(笑)

年式は違いますが同じ車種で同じジオメトリの実車に一度乗せて貰える機会がありまして、シートポジションやステム・ハンドルなどは検討の余地ありですが、フレームの大きさはほぼ決定といったところです。

欲しいバイクの値段が年式に影響されないところがちょっと痛いのですが、ちょっと頑張ってみようかなと思っております。

ホリゾンタルを手に入れた際にはよろしくご指導くださいm(_ _)m

>>kanokaさん

ホント、最初にバイクを選ぶときは何も分からなかったので特に気にしないで「Mサイズ」を選んでいました(笑)結果的に正解だったので良かったですが。

ショップを回ったり実際に試乗したりして、自分に合った1台を見つけたいですね!

>>makoto♪さん

納車おめでおうございます!ついに来ましたね、長い2か月間でした(笑)

写真を見ましたが、マットブラック落ち着いていますが、赤の差し色が効いていますね~。
サイズは510でちょうど良かったでしょうか?暫くデフォで乗られるようですが、インプレを楽しみにしています◎

サドル位置

はじめまして、いーたんと申します。

>ステムやサドル位置で調整できるとはいえ

こちらですが、サドルの位置はハンドルまでの距離で合わせるのではなく、クランクとの位置関係で合わせます。
そうしないと、ペダリングの効率が落ちたり膝などに変な負荷がかかったりします。
用途などによって微調整はありますが、
基本的にクランク長などの条件が一緒ならフレームによらずBBとサドルの位置関係は同一になります。
その後ステム長とハンドルリーチで、ブラケット距離を調整します。
ステム長の適性範囲が80-120mm程度です。
その他ヘッドチューブが長すぎると適切なポジションが出せない場合があるなどの要素もあります。

偉そうなこと言ってますが、自分もプロではないので、参考程度に読んでいただけますと幸いです。
長々とすみません。

>>いーたんさん

初めまして。色々いじっていく内にポジションに無理が出てきてしまい、つい安直な調整をしてしまうんですよね(汗)
おっしゃるとおり、サドルの前後位置はBBを基準に決めるのが正解ですね。クランクを水平にして膝裏から垂直に線を下してクランク中心を通るのを基本に、前だと回転重視、後ろだとトルク重視なんてふうに言われていますね。現在のサドル位置は若干前よりに調整しています。

現在ステム長を80mmにしていますが、もともと110mmがついていましたので、随分とクイックなハンドリングになった気がします(汗)

ポジション出しをしっかりして疲効率の良いライディングフォームが手に入るといいのですが、まだまだ先は長そうです。
非公開コメント

プロフィール

セバス(SebasPSA)

Author:セバス(SebasPSA)
2012年10月、ロードデビューしました@Panasonic ORT15。
休日は尾根幹や多摩サイを中心にファンライドしています。
自転車ネタを中心に、書籍、音楽、デジタルライフ、お酒、料理の話など諸々。
※ご質問等は該当記事または最新記事コメントにてお願いします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
☆☆相互リンク大歓迎☆☆彡


アクセスカウンター
ご訪問ありがとうございますm(_ _)m
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。