スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初ブルベを走ってきたよ(前編)

Category : ブルベ
昨日、3月24日にヴェロクラブランドンヌール青葉(以下VCR青葉)のブルベに参加してきました。

とりあえず年初の公約「ブルベに出る(そして完走)」は果たせたことになります。以下、個人的な備忘の

為に、初ブルベで感じたことを書き留めておきたいと思います。


午前4時15分。

初めてのブルベに参加するために自宅を出る。空はまだ暗く、少し肌寒さも感じる気温。天気予報では

夕方から雨が降るらしい。新調したオルトリーブのサドルバッグには、ブルベ直前に衝動買いしたモンベルの

レインウェア一式が詰め込まれている。何事も備えあれば憂いなし。降るか降らないか分からない雨に備えて

合計1kg以上ある荷物を積んで走るところが僕の性格を良く表していると思う。


集合はあざみ野駅東口の空き地に午前5時。自宅から集合場所までは、距離にして約10km。当然自走。

府中街道からあざみ野方面に向かうのに必ず通らなければならない生田民家園前の急坂は、寝起き30分

足らずの身体にはなかなか堪えるものだ。

現地に着くと、既に何名かのランドヌール達が受付を済ませて待機していた。当然だがみんな反射ベストを着て

いる。これがランドヌールと一般のライダーの大きな違いだろう。もちろんこの日は僕も反射ベストを着ている

(100均で買ったMサイズの少し小さめの物。丈が短いので、ジャージのバックポケットへのアクセスも良く、

とても軽い。そして失くしたり破れたりしても全く惜しくない。)。前日の夜にVCR青葉のスタッフである

古紙さんから直々に「同意書と反射ベストは忘れるなよ」とご注意をいただき、遠足前の小学生のように、寝る

前に枕元にウェア一式を揃えていた。もちろん反射ベストも(笑)


DSCF1292_20130325091549.jpg


受付を済ませると、ブリーフィングまでしばらく待機。その間に今回のブルベに参加するDBKメンバーの

マトケンさんが登場。マトケンさんの受付が終わるのを待って、交通整理をしているVCR青葉スタッフの

みのいちさんにご挨拶。300、400とブルベは面白いよー。と、まだ200も走っていない僕に勧めてくる

あたりがもうみんな距離変態(笑)

5時半からのブリーフィング直前に古紙さん登場。古紙さんは道志みちではあまり戦績がよろしくないらしく、

今日は道志の役場より先に行ければ勝ちだな。とのこと。


DSCF1291.jpg

左:古紙さん、右:マトケンさん(ご両名ともブレた写真しかなくて済みませんm(_ _)m)


ブリーフィングでは今回のコースプロファイルやら注意点、それにクイズポイントの説明があった。

クイズポイントというのは、PC(point de check=チェックポイント)以外にもその場所を通過

したことの証明のために、その場所に行かないと分からないクイズを設定すること。今回のクイズ

ポイントは、三増トンネル前の看板の数字。これをブルベカードに記入するかデジカメで撮影してくる

かしなければならない。


ブリーフィングが終わると車検がスタート。日本の公道上で行われるイベントなので、道交法+主催者

が指定したレギュレーションを満たしているかどうかの検査が行われる。車検をとおったら、ブルベ

カードに出走のサインをもらい各自スタートすることになる。古紙さんはスタッフとして車検と出走のサインを

行っていらっしゃる。一緒にスタートするのは難しそうだ。

なお、後から聞いた話だが、ベルを付け忘れてDNS(Do Not Start=棄権)となってしまった方が1名

いらっしゃったようだ。事前準備は本当に大切。


DSCF1289_20130325100714.jpg

出発前の1枚。反射ベストが何とも似合っていない。


午前6時。車検を終え、みのさんの出走サインをもらってスタート。

マトケンさんも僕もちょっと前に試走した今回のコース。特に迷うこともないだろうけど、旅は道連れ

ということでマトケンさんと行動をともにすることになった(僕の場合「行動をともに=前を引いてもらう」

ということ(笑))。

今回のブルベはあざみ野から相模原を抜けて道志みちを走り、河口湖の手前まで行って帰ってくる。という

「行って来い」的なコース。スタート付近とゴール付近においては都市型ブルベであり、

渋滞や信号待ちでの時間ロスが想定される。そのため、信号に捕まらない限りはなるべく速く走ることがコツ

のようだ。


DSCF1293_20130325091550.jpg

35km/hペースで走り続けるマトケンさんを必死で追う僕。知っている道だと疲れないというか、自然と

脚が回るので不思議なものだ。


スタートから10km程して鶴川街道に入ると、車の交通量が増えてくる。加えて信号の数も増え、なかなか

走りにくい状況になってきた。マトケンさんの後ろについていたわけだが、鶴川街道を走って信号に捕まって

いると、いつのまにか僕の後ろにも何人かの人がくっついて走っていた。結局5,6人の列車で走ることに

なった。依然マトケンさんは35km/hペースで前を引き続けている。スゴイの一言。これからあと190km

くらい走るんだけどなー。


新袋橋を右に折れ少し進むと尾根幹にぶつかる。尾根幹、僕のトレーニングコースだ。ブルベで走ることに

なるとはね。ここでマトケンさんと先頭交代。尾根幹なら任せてください。信号が変わるタイミングまで

バッチリ頭に入っている(はず)。南野のセブンイレブンに誰かいるかなーと思ってチェックするも誰も

おらず。

尾根幹を抜け相模原市内に入る。清新の交差点あたりで前のグループに追いつき連結。


DSCF1294_20130325091548.jpg


実はここで前を走る方。この後かなりの時間を一緒に走ることになるが、この時の僕には知る由もなかった。


高田橋を渡り、愛川町へ入る。ここら辺からゆっくり登り区間が現れ始める。高峰小学校を過ぎてしばらく

進むと、クイズポイントである三増トンネルが見えた。

DSCF1296_20130325091601.jpg

僕がクイズの答えを写真に撮っていると、少し遅れてマトケンさんが到着。

今回のブルベはこれがお決まりのパターンとなった(詳しくは後述)。


青山のT字路を左に曲がると、国道413号線が始まる。そう「道志みち」だ。ここからPC1の青野原の

セブンイレブンまでは5kmちょっと。大した登りではないのでケイデンスを上げて25km/h巡航で進む。

ちょっとペースが速かったのか、トレインとは離れて単独走となっていた。


午前8時25分。PC1、セブンイレブン相模原津久井青原店到着。

ここでチャーハンおむすび1個、赤飯おむすび1個、アクエリアス500ml1本を補給。レシートをしっかり

もらい、首から提げたビニール製のホルダーにしまう。

ブルベではPCで物を購入したときのレシートが通過証明となる。なお、今回のブルベでのPC1での通過制限

時間は、7時32分~9時36分の間。7時32分より早くてもダメ。9時36分より遅くてもダメ。この時間内の

タイムスタンプが押してあるレシートが必要になる。僕のような貧脚はタイムアウトの時間だけ気にしていれば

良いので、これからキューシートを編集するときは閉鎖時間だけ記すことにしよう(笑)それにしても、1時間半

で52kmを走ってくる人を想定しているあたりがちょっと何かアレな感じがするけど・・・。


PC1で僕が会計を終え、店から出てきたところでマトケンさん到着。「どうよ~?」と聞かれたので

「ボチボチです(笑)」と答える。マトケンさんは足首あたりに若干の違和感を感じている模様。「ちょっと

飛ばし過ぎましたか?」との問いに対して「いやいや、全然」と。失礼しましたm(_ _)m

「先に行っていいよー」と言われたので、「じゃあタラタラ登ってますので(笑)」と断りを入れて先に出発。


もうここからは完全ボッチ。前にも後ろにも反射ベストの姿は見えなかった。そして登りのツライの何のってば、

アナタ!

PC2への到着時間が読めないので、自転車を降りて写真を撮っている余裕などなく、ひたすら、ただ黙々と

(←嘘。人は辛いと独り言が増えるものだなと思いました。)ペダルを回す。あんなに沢山のランドヌールが

同じ道を走っているはずなのに、どうしてこうも人に会わないんだろう。遠くに見える蛍光カラーの案内板が

先を行く人に見えたりして(苦笑)


道志みちは、「道の駅どうし」を過ぎたあたりから斜度がきつくなる。去年10月にこのブルベを見越して

道志みちを走ったときは、この道の駅で引き返そうかと思った。ルートラボでその先の道の傾斜は分かって

いたし、脚も売り切れ寸前。こんなので登り切れるのか?と迷ったものだ。結局、先に進むことにして、山中湖に

着いたときに目の前に雄大な富士山が現れて感動したっけ。

今回のブルベでは、PC以外でなるべく休憩しない。ということをサブの目的にしていたこともあったので、

道の駅は華麗にスルー(本当は豚串を食べたかった)。いざ大ボスに挑む。


斜度が上がり、フロントギアは常時インナーに。実は昔よりも走力が上がっているので、フロントはミドルでも

行けるかな?なんて甘い考えも持っていたけれど、そんな考えはミジンコの爪アカのようにどこかに吹き飛んで

しまった。アウター?そんなもん青野原のセブイレブンに置いてきたよ!


斜度8~15%の坂を「なんだ坂、こんな坂」と呟きながら登っていると、いつのまにか後ろに迫ったライダーが

僕を抜いて行く。いつのまに!?背後を取られるとは不覚。僕には後方を確認する余裕もなかったという

ことだな。

「ここからキツイんですよねー」と声を掛けられ、「ホントにもう。お先どうぞー」と、なんとか笑顔を作り、

先に行ってもらう。あれ、今の人、相模原で前を走っていた人だ。いつの間に抜いていたんだろう?


DSCF1297.jpg

午前10時35分。山伏トンネル通過。

出発から約4時間半。84.5km地点まで到着。ここまで来れば長い登り区間は終わり。残りは多少のアップ

ダウンがあるかもしれないけれど、何とかなるだろう。


何とかならなかったんだけど、続きは続編で♪



今日もご覧いただきありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。よろしければご協力ください♪
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ  にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ   にほんブログ村 自転車ブログへ
ロード乗りの方   クロス乗りの方  とにかく自転車好きな方
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

Comment

おッ疲れ様~でした!!雨にやられず良かったですね。いいペースじゃありませんか。あとは、トラブルさえなければ問題なしですね。後半を楽しみにしてますよ。

完走おめでとうございます。

道志みちとはどうも縁がありません。

しばらく体調管理を優先します。

ブルベお疲れ様です!

反射ベストを着けると皆オッサンに見えるのは僕だけでしょうか?ww
今思えばブルベって言葉知らない頃なんですが
工事現場のオッサン皆、自転車乗ってるとか思ってましたよwww

次は300ですな
このあたりになるとお尻が痛いとか膝が痛いとか出て来るみたいですね。
シューペルランドヌール目指してください!
僕はキャノンボーラーを目指します(嘘)w

>>kurajiさん

本当に。あの天気予報はなんだったんでしょうね。絶好のサイクリング日和でしたよ(笑)おかげで持って行ったレインウェアが無駄になりました。

トラブルあってのブルベという方もいらっしゃいますが、特に問題なく走れました◎後半お楽しみに♪



>>古紙さん

PC1過ぎでDNFなさったそうですね。その後あまり体調がよろしくないと聞き心配です。
今回は色々ご指導いただき本当にありがとうございましたm(_ _)m

またブルベ、DBKともによろしくお願いします。道志みちリベンジのときはお付き合いしますよ!!

>>makoto♪さん

まぁ、みんなオッサンですよ(笑)中には女性もいらっしゃいましたけれど(スゴイ速いのその女性w)

SRですかぁ、みんな冗談みたく取れと言うんですがどうですかねー。400くらいまでは走ってみようと思うのですが。

なるほど、makoto♪さんがキャノンボールとな?その言質とりましたよ!(笑)まぁ近いうちにキャノボ初級はやりましょうよ。輪行袋早く用意してくださいね(^_-)

非公開コメント

プロフィール

セバス(SebasPSA)

Author:セバス(SebasPSA)
2012年10月、ロードデビューしました@Panasonic ORT15。
休日は尾根幹や多摩サイを中心にファンライドしています。
自転車ネタを中心に、書籍、音楽、デジタルライフ、お酒、料理の話など諸々。
※ご質問等は該当記事または最新記事コメントにてお願いします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
☆☆相互リンク大歓迎☆☆彡


アクセスカウンター
ご訪問ありがとうございますm(_ _)m
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。