Go West!を走ってきたよ(後編)

Category : ツーリング・ポタリング
GW後半は結構忙しくなかなか記事を書くためのまとまった時間が取れません(汗)今日書いてしまわないと記憶が・・・(笑)

ということで、遅くなりましたがGo West!(後編)です(^O^)

前編はこちらから→Go West!を走ってきたよ(前編)

サッタ峠を越え、一行は再びトレインを組み進む。辺りは暗くなり、いよいよ本格的なナイトライドが始まる。清水の市街地に入ると交通量が増えたが、街が明るい分だけ速度を上げて走ることができた。このときは初めての長距離ナイトライドということで一同そわそわした感じがあった。ナイトライドをナメてましたね(笑)

市街地を抜け静清バイパスに合流する。しばらくすると完全に日が落ちて車のヘッドライトが眩しく感じられるようになった。一斉にリアの灯火類を点灯。一人3灯以上のリアライトを装備する充実ぶり(笑)僕は先頭だったので快速のエレクトリックパレードを楽しむことはできなかったけれど、きっと目立ったんだろうな。
そして清水を抜けるとついに静岡市。ようやく静岡中部に突入。静岡だぁ、大きい街だなぁ。と駅ビルを横目に止まらず通過(笑)あれ、写真は?確かに止まってばかりいてもダメなんだけど。

GUTTIさんを先頭に静岡市街地を抜け先に進む。そして宇津ノ谷の道の駅で小休止。これから通る平成宇津ノ谷トンネルに向けた注意事項を再度伝達する。情報では自転車通行可とのこと。実際、通行禁止標識はない。しかし、
ここの車道は怖い。これだけ目立つ3台なので車も十分距離を取ってパスしてくれるものとは思うが…。
キャノボでここを通られた方は歩道橋を渡り車と対面して歩道走るのが安全だと言う。ならば我々もその道を行こう。3人で道を渡り上り車線側へ。渡って反対車線に行ってみると「ここ歩道?」と思うほど狭かった。しかし行くしかない、十分な注意を持って進むこと!僕は極力速度を落としてトンネルの中に入った。
そこまで長いトンネルではないので数百mも走ると出口だ。安全な場所まで進み後ろを振り返る。二人のヘッドライトはまだ遠い。大丈夫か?だが戻ることはできない。

やがてGUTTIさんがトンネルから抜けて来た。なんとウィンドブレーカーの右腕上部を破損。衛生兵!衛生兵!どうやら壁の障害物に引っ掛かり破れてしまったらしい。

そしてmakoto♪さんが最後に出てきた。「死ぬ!これは死ねる!」と大興奮。確かに、これは歩道とは言えない。情報を読み違えたか?これなら大人しく下り車線を走り一気に通り抜けた方が安全だったかもしれない。失敗した。皆さん無事で良かった。GUTTIさんには悪いことをした。申し訳ない。

トンネルを抜けてしばらく真っ暗な道を走ると比較的開けた街に出た。ここはどこだろう?何だかどこを走っているのか分からなくなってきたぞ(苦笑)

それにしても日が暮れてからは寒い。持ってきた薄手のウィンドブレーカーじゃ全く歯が立たない寒さだ。そろそろ夕飯を食べよう。みんな必死で食事処を探す。しかしなかなかコレといった店が見つからない。ヤバい、ヤバいぞ。そろそろ寒さと空腹を我慢するのが辛くなってきた。そしてようやく一軒の海鮮系の定食屋を発見!「良かったー、ここまで頑張った甲斐があった。」みんな安心した表情で早速バイクを止めて店内へ。

しかし、なんと言うことでしょう?!ラストオーダーは7時半。現在午後8時。

もうダメだ。限界だ。吉野家やココイチならあるがどうする?迷い進む内にどんどん街が暗くなっていく。そしてついに、一軒の飲食店も見つけられなくなってしまった。

そんなとき、先頭を走る僕が落車。コンタクトレンズの使用限界を超え、視界が悪くなっていたのに加え空腹で少しボーっとしてしまっていた。路側帯かと思って少し左にハンドルを切ったところ、想像以上の段差があった。幸い怪我もなくバイクに傷も付かなかった(クイックに少し傷が付いたけど消耗品なのでOKとしよう)。

いやー、やばいな。あまり無理をしてもいけないので、次に見つけたファミマで休憩を取ってもらう。寒いし空腹だし立ちごけするし結構辛い状態だ。コンビニにいた地元の方に「この辺で飲食店ってないですか?」と聞いてみた。「すみません、この辺じゃあこの時間はもう・・・」
え、この時間ってまだ8時半だよ?

さて、この先は大井川だ。大井川を超えるとすぐ金谷峠がある。この空腹と寒さで進めるか?まぁ進むしかないわけだが(笑)バームクーヘンの補給と15分程仮眠を取って再スタート。ホントだ、少しでも目を閉じて休むと体が随分と楽になる。仮眠を要するブルベのときは積極的に寝よう。そう心に誓った。


大井川を超えると非常に緩いが真っ暗な金谷の坂が現れる。僕は寒さを克服するため少しペースを上げて登る。GUTTIさんも一緒に登る。makoto♪さんはゆっくり登る。
で、頂上部分に先についた僕とGUTTIさんはmakoto♪さんを待ったわけだが、そのトンネルがちょっと怖かった。

DSCF1333_20130428232632.jpg

もう少し先で待っていても良かったかもしれない(苦笑)

さて、ここを越えて少し走れば掛川市内。ようやく街が明るくなってきた。掛川城を左手に見ながら進むと前方にかっぱ寿司発見!
「一応、海鮮ですよね、寿司って?」
「異議なし!」
ということで、掛川まで来てかっぱ寿司に突入。時刻は10時ちょっと前。

DSCF1334_20130428232633.jpg

大人3名でこれだけしか食べられない。だいぶ疲労が溜まっている模様。

かっぱ寿司で50分くらい休憩をして先へ進む。その前に、この寒さを何とかしないといけない。近くのセブンイレブンに行って防寒対策をとる。

DSCF1335_20130428232700.jpg

コットンのインナーTシャツにインナーグローブ。
これをロングスリーブのインナーに重ね着。指切りグローブの中にインナーを装着。随分と暖かくなった。コンビニ様様である。

掛川のかっぱ寿司を出発後、袋井、磐田を抜けていよいよ天竜川を渡る。
しかし、真っ暗で何も見えやしない(笑)

天竜川を渡ると結構すぐに浜松市内に入る。浜松もまた大きな街だった。繁華街の信号待ちをしていると若いお兄ちゃんたちが「どこまで行くんですか?」と声を掛けてきた。「今日は、名古屋まで」と言うと、「えっ?名古屋?頑張ってくださいね」と若干ひいた感じで応援してくれた。どこから来たかを言ったらもっと驚いたんだろうな。ロングライダーは一般人からは理解されないものだ。

さて、浜松を過ぎると浜名湖。弁天島に渡るも真っ暗で何にも見えやしない。

DSCF1337_20130428232703.jpg

ナイトライドの辛いところは走行中の景色が変わらないこと、また、折角遠くまで来たのに景色が見えないこと。これに尽きると思う。ただ淡々と走るのみ。ただmakoto♪さんはツイッターで何だか楽しそう。(笑)

湖西に入り、潮見坂を超えるといよいよ愛知県に入る。

DSCF1338.jpg

長かったぜ、静岡。お前、なかなかいい奴だったよ!

真っ暗ななかテンションが上がる一行。しかし、まだまだ先は長い。

豊橋に入るとmakoto♪さんが遅れ始める。信号で追いつける距離だし、この先1号をずっと一本道だし、迷うことはないだろうということで先に進む。makoto♪さんスミマセンm(_ _)m

で、今回実は一番楽しみにしていたかもしれないイベント、「キャノンボウル前通過」のときが訪れる。

DSCF1342_20130428232658.jpg

やっぱり真っ暗(笑)

先に進もう。僕らのゴールはまだ先だ。

小坂井のマクドナルドで仮眠。ブラックコーヒーを半分くらい一気飲みして直ぐに落ちた。
マックポテトうま~。

DSCF1343_20130428232717.jpg

藤川の道の駅で最後の休憩(のはずだった)。

日が出てきて寒さが和らいできた。予想外に辛かったナイトライドはこうして幕を閉じた。防寒対策、なめたら痛い目に遭う。こういうのは経験しないと分からないもんだ。

愛知に入ってからずっと前を引いてくれたGUTTIさんが補給休憩を提案。
「吉牛行きませんか?」
もちろん、断る理由がない。
ここで牛丼(並)を補給。本当に最後の休憩になった。

ここまでくると体も目覚めてきて再び足が回るようになった。のは僕だけのようで、GUTTIさんもmakoto♪さんも名古屋に入ってからはパレードランをご希望。そうしましょう、折角頑張ったんだから最後にトラブルがあったら何にもならない。

DSCF1344_20130428232719.jpg

午前8時過ぎ。名古屋市に到着。遠いと思っていた名古屋。漕いでりゃいつかは着くんじゃね?と思ってただ漕ぎ続けたところ、本当に着いた(笑)

DSCF1346_20130428232721.jpg

余裕のGUTTIさん&疲れたフリのmakoto♪さん@栄

DSCF1351.jpg

名古屋駅前で愛機3台の記念撮影。人が多くてなかなか良い場所で写真が撮れない(汗)

DSCF1349_20130428232722.jpg

交番前で記念撮影。怪しいものではありません(>_<)

DSCF1352_20130428232740.jpg

新幹線のホームで。他の二人は自宅の最寄駅から自走らしいので自粛。僕だけ先に一杯いただきました。

名古屋まで来たものの、結局なにもそれっぽいものを食べず、家人への土産だけを買い淡々と帰路につく面々。走ることが目的であるということを貫徹した潔い姿勢だ。

今回の道程でのグルメは・・・、沼津でガスト、掛川でかっぱ寿司、知立で吉牛、あとはコンビニ補給のみ。うーん、これなら自宅の半径5km圏内ですべてのメニューを制覇できてしまう。グルメライダー失格だ。

最後に今回のルートおば

無題

350kmも走っていないのですが、28時間も掛かってしまいました。いろいろ反省の多いライドでしたね。次のロングライドは5月18日の西東京300のブルベですが、この経験を生かして楽しくグルベをしようと思います。

300kmオーバーの距離は今回初めて走ったのですが、何とかなりますね。距離ではなく寒さが辛かったー。ガー子の調子は相変わらず200kmに近づくと微妙な感じになってきますね。やはりキューシートを用意しておくと安心だと思います。

さて、次のGo West!は京都かな?(笑)


今日もご覧いただきありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。よろしければご協力ください♪
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ  にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ   にほんブログ村 自転車ブログへ
ロード乗りの方   クロス乗りの方  とにかく自転車好きな方
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

Comment

次は日本橋の日本国道路元標前スタートにしましょう!
できれば一度ソロで名古屋を目指して次の大阪でも京都もいいかなと

下見で名古屋まで輪行してその先走って大阪まで。
その次が本ちゃんで日本橋からなんて考えてます。

このGWで5名ほどキャノボチャレンジして2人が達成してますね。
まずはキッチリ名古屋をクリアしたと思ってます。

無事名古屋に着いたのですね!完走オメデトウございますぅ!!(>∇<)
私眠いのダメだから、徹夜で走れる人ってスゴイなぁーって思っちゃいます!
そうか、眠くなる前に走りきっちゃえばいいんだ! (ノ゚ο゚)ノ
(睡眠耐久力ってどうやってつけるんだろ?)

名古屋までo(*^ー^*)oお疲れ様でした。
昼間は暑くても夜になるとこの時期は冷えますからね。
持っていく装備品も結構難しい季節かもしれません。

次は京都ですか!?時間が合えばご一緒したいですね。

こんばんは。
350kmお疲れさまでした!
よく車で往復しますが、まさか自転車で走っちゃうとは・・・・(汗)
次回は北へ向かってみては?

>>makoto♪さん

元標前スタートがやはりテンション上がりますよね(笑)

では次回は名古屋より西の先導はお任せします!できれば休憩少な目で30時間切りで行きたいですね(^^)

>>ぐっぴょんさん

24時間を超えると仮眠は必要かなと(-_-)zzz
なので名古屋くらいまでなら20時間で走り切ってしまえば良いのです◎

大阪まで24時間というキャノボペースはファストラン仕様なので、今の僕にはできませんが、20時間くらいで東京→大阪をやりたいなと思っています(>_<)

>>りゅーせいさん

GWにここまで寒いとは思いませんでした。多少荷物が嵩張っても多めに持って行って損はないですね。日中は暑いくらいでしたが(^_^;)

ぜひご一緒しましょう!僕は鈍足なのでりゅーせいさんには物足りないかもしれませんが、休憩少な目のグルメライドを楽しめそうですね(笑)

≫kanokaさん

行けるとは思っていましたが、とにかく静岡が広かったです(>_<)

実は来年にR4を北上して竜飛まで行くイベントがあるのですが、よろしければ如何でしょう?(笑)

はじめまして。

はじめまして、セバスさん kaol_suppleです。よろしくお願いいたします。
いやあ、うらやましい距離を走っていますね。BRM518出るんですね。
私も参加する予定です。水色のキャノンデールを乗っています。お見かけしたらお声かけください。

>>kaol_suppleさん

はじめましてー。こちらこそよろしくお願いしますm(_ _)m
BRM518は晴れるといいですね。今週はちょっと微妙ですので千葉や埼玉のBRM511の方々はご苦労されるでしょうね。
当日はよろしくお願いします。僕はチタンカラー(?)のパナチタンに乗っていますので(^^)
非公開コメント

プロフィール

セバス(SebasPSA)

Author:セバス(SebasPSA)
2012年10月、ロードデビューしました@Panasonic ORT15。
休日は尾根幹や多摩サイを中心にファンライドしています。
自転車ネタを中心に、書籍、音楽、デジタルライフ、お酒、料理の話など諸々。
※ご質問等は該当記事または最新記事コメントにてお願いします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
☆☆相互リンク大歓迎☆☆彡


アクセスカウンター
ご訪問ありがとうございますm(_ _)m
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR