スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

走るトレーニング再考(with心拍計)

Category : トレーニング
3連休の最終日。ようやく自由になる時間ができたので久々のランニングです。

3月、4月は花粉との戦いもあり、外を走るということ自体難しかったのですが、

もう5月だし大丈夫だろう。

ということでトレーニング復活。

なまった体を叩き起こしてやる。

いきなりはしゃぐと怪我をするので、まずはリハビリ程度に軽く流してきました。

Lap Time Dst(km)
1 00:05:20 1.00
2 00:05:06 1.00
3 00:05:05 1.00
4 00:05:33 1.00
5 00:06:00 1.00
6 00:06:07 1.00
7 00:06:26 1.00
8 00:06:22 1.00
9 00:06:00 1.00
10 00:05:15 0.90

合計時間 57分19秒 走行距離9.90km

測定の始めと終わりをミスしたので、走行距離が10kmになっていませんが、

正確には10kmちょうどです。


今回からガーミンのハートレートモニターを付けて走ることにしました。

後半に1kmを6分以上かけて走っているのは心拍数の関係です。

いくら怠けた足とはいえ、10km程度ならキロ5分で走ることは可能ですが、

そのペースで走ると心拍が(理論上の)最大心拍を超えてしまいます。


220-年齢(29)=最大心拍(191)←これが理論上の最大心拍数


この最大心拍数に応じた比率で運動強度を調整することにより

効率的なトレーニングができる。はず。

一般的には以下のとおりらしい、

1 軽い運動(最大心拍数の60~70%)→体脂肪燃焼

2 ややきつい運動(最大心拍数の70~85%)→体力増強

3 激しい運動(最大心拍数の85~90%)→限界を超える

4 かなり激しい運動(最大心拍数の90%以上)→全力の短距離走

で、なぜか軽く流しただけなのに、

平均心拍: 174 bpm

最高心拍: 185 bpm

と。心拍計は常に90%前後の値を表示。

息も切れていないのに激しい運動だと?

これは、心拍計に問題があるのか、そもそも僕の心拍数が上がりやすいのか。

もっと基礎体力を付けなければいけないのかも。ウォーキングとか。

でも、ハーフは走れるし、10km走も45分で走れるしなぁ。

もしかするとかなり体に無理させていたのか?

元々行っていた運動の強度が高すぎたのかもしれません。

うーん、とりあえずgoogle先生に聞いてみよう(笑)

折角いい心拍計を買ったのだから、効果的なトレーニングをしたいものです。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

Comment

非公開コメント

プロフィール

セバス(SebasPSA)

Author:セバス(SebasPSA)
2012年10月、ロードデビューしました@Panasonic ORT15。
休日は尾根幹や多摩サイを中心にファンライドしています。
自転車ネタを中心に、書籍、音楽、デジタルライフ、お酒、料理の話など諸々。
※ご質問等は該当記事または最新記事コメントにてお願いします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
☆☆相互リンク大歓迎☆☆彡


アクセスカウンター
ご訪問ありがとうございますm(_ _)m
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。