BRM518富士を走ってきた(前編)

Category : ブルベ
先週末にAJ西東京のBRM518富士300kmを走ってきました。ブルベでは初めての300km+夜スタート。今回もレポートします。今回はデジカメを忘れてしまったためスマホでの撮影です。おまけにスマホの充電アダプタも忘れてしまったので、もしもに備えて電池消費を抑えるため写真も必要最低限度しか撮っておりません。何事も準備が大切ですね(笑)

それでは、今回も長いですがよろしくお願いします。


午後9時。町田市内のコンビニで愛車のパナチタンを組み立てる。今日はスタート地点の近所まで妻に車で送ってもらった。自走でも10km程度の距離だったが、折角の厚意なのでありがたく送ってもらうことにした。ブルベだからお土産はないのよ、ゴメン。

今野製作所(ケルビム)駐車場でスタート受付。うわー、ケルビムだ。欲しーい。とショーウィンドウを一通り覗いた後、ブルベカードを受け取りスタート地点である淡島公園に向かう。

午後9時半過ぎ、ブリーフィング開始。キューシートを見ながら丁寧かつユーモアあるブリーフィング。ヘルメットライトを着けた参加者が沢山いて(僕もだ)ちょうちんアンコウの群れみたいだなと思った。
ブリーフィング後は3グループに別れて順次スタート。僕は3グループ目。車検を受けてブルベカードに出走サインをもらって出発。スタート前の一連の流れも随分とスムーズに出来るようになった。

20130518_210957.jpg


スタート直後からクイズポイントの江の島までは丁度良い巡航速度のトレインに乗ることができた。途中の街道で車の中から「どこまで行くの?」と声を掛けられることが何度かあった。その度に先頭の方の人が「小田原から御殿場経由で沼津まで行って、そこから富士山をぐるっと回って町田まで帰ってきます。」と簡潔に説明。車内は爆笑、トレインは苦笑。よくある風景だ。

通過チェックのクイズポイントでは、休憩を取る人もいればクイズの答えをブルベカードに書き込んですぐに出発する人もいた。僕は自販機でリアルゴールドを補給。既に若干眠かった。実はここ1週間ほど仕事もそれ以外も忙しく疲労が溜まっていた。加えて当日は午前中から外出しておりブルベ前に仮眠を取ることができなかった。この睡魔というやつが今回のブルベ最大の敵となった。

早々に栄養ドリンクチャージをしていると「今日は何人くらい出てるんですか?」と声を掛けられた。どうやらその方の友人が参加しているようで、江の島に着く前にパンクしたと連絡があったようだ。ここまでパンクした参加者を見なかったので、きっと僕より後のスタートだったのだろう。
小田原のPC1まではまだ距離があり、巻き返しは十分可能だ。ご友人の健闘を祈り(そして僕の完走を祈ってもらって)僕は先に進んだ。

江の島からR134で小田原を目指すが、ここが存外に良いペースで進んだ。35km/h巡航の高速列車に乗れたこと、追い風だったこと、直線のスピードコースを幸運にもこのような幸運に恵まれ、あっという間に小田原に着いた。

午前1時28分。PC1セブンイレブン小田原寿町店。
軽食と水を購入。車止めに腰を下ろして食事を済ませた途端、奴が襲ってきた。睡魔だ。R134からR1に入ったあたりでどうにも体がだるいと感じ始め、ここにきてようやくハッキリ自覚できた。僕は眠いのだ。瞼から力を抜くとすぐに瞳が閉じて意識が飛ぶような感じがする。ピンチだ。ブルベではPC1までに進退を決めろ。と、よく言われる。さて、どうするか?

30秒ほど悩んだ結果、もう終電はないこと、どうせ夜を明かすならサドルの上で日の出を拝みたいこと、など自転車バカ的な思考でブルベ続行を選択した。
「とりあえず行けるところまで行くか。」
そうして僕は御殿場までの緩い登り道を走り始めた。

PC1より先は海沿いを離れ北上して御殿場を目指す。ここから先は単独ライド。僕の場合だいたいブルベではソロになることが多いのだが、真っ暗な道でソロは危険だ。暗いから路面が見えない?違う、SERFASリベルとGENTOS閃の2灯あれば真っ暗闇でも大丈夫だ。周りの参加者と比べると光量不足の感はあるが十分見える。暗いと景色が見えない+人(話し相手)がいない。つまり道中が非常に単調なのだ。イコール、眠くなる。谷峨駅を過ぎたあたりだろうか、睡魔が僕のペダルを漕ぐ足を強く掴んだ。

どれくらいフラフラと走り続けただろうか?暗い山道を一人で走る。緩い登り坂なので多少足に力を入れている。おかげで急に意識が飛ぶということはないが、テンションゲージはゼロに近い。次に屋根付きのバス停があったらベンチで横になろう。次にコンビニが見えたら駐車場で横になろう。そんな考えばかりが頭を支配した。

小山町役場を過ぎたあたりでついに睡魔が僕の肩に手を掛けた。我慢の限界を覚えたその時だった、前方に天国(ローソン)が見えた。いつの間にかハブライトの電池も切れかかっていたので、電池交換と温かいコーヒーを補給するためコンビニへ入る。店の前に座りライトの電池交換を始める。「僕はまだ走る気でいるのか?」単4の電池を交換する手が止まる。もう横になってもいいんじゃないか?そもそも疲れてるのに無理してブルベなんか走るからこんなに辛いんだよ。コンディションさえ良ければなぁ。いっそ天使(店員)に断って休ませてもらったらいいんじゃないか?そんなネガティブな考えしか浮かばない。

空になったコーヒー缶をボーっと見つめていると、僕が来た方角からいくつもの光の列が見えた。後続のトレインだ。PCでもないコンビニでヘタリこんでいる僕を見つけると「お疲れさまでーす。頑張ってくださーい!」と声を掛けてくれた。その後も次々に声を掛けてくれる。何でだろう?めちゃくちゃ元気が湧いた。確かに疲れた。仕事疲れやここまで走ってきた肉体疲労。諦める方向にしか考えが向かない自分に対する否定的な感情。いろいろ疲れた。でも僕は頑張ったか?否、僕はまだ頑張れる。まだ先へ進めると思う。ライトの電池を交換して照射角を調整すると、僕は再びパナチに乗って走り始めた。

ローソンを出るときに小径車に乗った参加者が前を通り過ぎていったので、しばらく後ろにつかせてもらうことにした。30分くらい経ったころだろうか(実際には5~6分だったのかもしれない)再び瞼が重くなった。にわかに湧いた僕の勇気程度では睡魔を封じることはできなかったようだ。前を行くミニベロと距離が開き始めた。

くそ、こんなもんかよ?せっかく元気をもらったのに・・・。悔しい気持ちで一杯になった。何かもう、どうにでもなれ。

「ちくしょーーー!何で眠いんだよ!」(答え:人間、夜になれば眠くなる)

と叫び、ふと腰を上げてダンシング。ダンシング。ダンシング。ミニベロで走る方をパスする際に「すみません、ちょっと眠いんで!」と訳の分からない挨拶をしてダンシング。息が切れるまでダンシング。幸い勾配が緩いので意外と長い距離ダンシングができた。信号待ちで止まると、先ほどパスしたミニベロの方が「さっきはコンビニでコーヒー飲んでたの?」と声を掛けてくれた。野山に声を響かせながら、がむしゃらに暗い夜道を自転車で登る変な男(僕だ)によく声を掛けたものだ(笑)しばらくこの方と一緒に会話をしながら走ることができた。多分気を遣ってくれたんだろう。この方は千葉や静岡のブルベにも参加しているらしく、(外国の方でオレンジのミニベロに乗っている。といえば当ブログの読者の方なら知っている方もおられるだろうか?)色々なブルベの話をした。

「ほら、もうすぐ夜が明けるよ。」と彼は言った。

20130519_043158.jpg

感動した。周囲が明るくなるにつれ、富士山がその姿を現した。いつの間にこんなに近くまで来ていたんだろう。

ミニベロの彼のおかげで僕は睡魔から解放された。御殿場高校近くの杉原の交差点からは沼津まで下り坂になる。彼は念のためウィンドブレーカーを着るので小休止を取るという。僕はPC1直後から冬用インナーとレインウェアを着込んでいたのでそのまま進む。「ありがとう、お気をつけて!」

沼津から富士までは先日のGo Westで走った道。日が昇って明るくなったせいか、眠気はすっかりなくなっていた。日光を浴びると体内時計がリセットされるというのは本当のようだ。朝起きたらまずカーテンを開けよう。これからは努めてそうしよう。富士川橋を右折して8kmほど走ると2つ目のPCだ。

午前7時19分。PC2サークルK芝川町役場前店。

最近のロングライドで思うこと。大してお腹が空かない。しかし、食べないわけにはいかないのでカルボナーラを購入。ブルベの最中に食べる物は消化が良く高カロリーな物というのが定説だが、それ以上に自分が食べたい物を食べるのが良いというルール(?)がある。

20130519_073018.jpg

何か?(笑)

このPC2で絶対に20分は仮眠を取ってやる!と眠さに耐え頑張ってきたのだが、いざ到着するとそんな気はどこへやら。30分の大休憩になったものの、家族への定時連絡とツイッターのチェックと食事だけで終わってしまった。後はコースを確認して出発。日が昇ってしまえば何とかなるもんだ。


さて、長くなりましたので続きは後編で。
この後はいよいよメインディッシュの30kmで1000m登る富士の道。
壮絶な睡魔との戦いを制した先に僕が見た景色とは?
当初の目的「グルベ」はどこへ行った?



今日もご覧いただきありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。よろしければご協力ください♪
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ  にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ   にほんブログ村 自転車ブログへ
ロード乗りの方   クロス乗りの方  とにかく自転車好きな方
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

Comment

お疲れ様でした。やっぱり、若いなぁ、気力で睡魔撃退するとは!!ミニベロサドルバッグ外人さんいましたか!でも睡魔降臨の時は、15分でいいから仮眠(意識とばすと)をとるとぐっと楽になりますよ。後半楽しみにしてます。

初めまして

そのPC1までの巡航列車を引いていたのは私かも。水色のキャノンだけど、あの道はとても走っていて爽快感がありましたね。もしも付き合ってくれていたらありがとうございました。

>>kurajiさん

ホント、少しでも眠れば良かったと思います(苦笑)
次はPCでうまく仮眠が取れるように工夫してみます(^o^)丿


>>kaol_suppleさん

あれ、タダ乗りしてたら済みませんでした(笑)

ちょうど追い風で気持ち良かったですね。でも人に着いて行くと眠くなるということを覚えました。次はちゃんと体調を整えてから参加するように留意します。

夜スタートに出るかどうかは微妙なところですが・・・。

非公開コメント

プロフィール

セバス(SebasPSA)

Author:セバス(SebasPSA)
2012年10月、ロードデビューしました@Panasonic ORT15。
休日は尾根幹や多摩サイを中心にファンライドしています。
自転車ネタを中心に、書籍、音楽、デジタルライフ、お酒、料理の話など諸々。
※ご質問等は該当記事または最新記事コメントにてお願いします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
☆☆相互リンク大歓迎☆☆彡


アクセスカウンター
ご訪問ありがとうございますm(_ _)m
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR