FC2ブログ

いつまでたっても未完成

ご近所ポタリストの自転車ブログ

 >  メンテナンス・カスタマイズ >  プーリーを交換してみた。

プーリーを交換してみた。

いやー、雨ですね。実家がある宇都宮ではジャパンカップが開催され、多くの人が訪れているというのに、僕は里帰りもせずにこうしてブログの更新です。来年は観戦しに帰ろうかな、もちろん自走で(笑)

さて、雨で走りに行けない週末は決まって愛車のパナチをメンテするのですが、今日は勢い余ってポチってしまったパーツが届いたので早速インストールしてみました。

こちら!

R0012153.jpg

DURA-ACEのプーリーセットです☆

「ロードバイク プーリー交換」などとググっていただくと、それこそ数多のネット情報が上げられています。セラミックやらアルミやら・・・。

で、結局シマノのRDにはシマノ純正が良いという結論になりました。じゃあ今のままでいいじゃん!というわけにはいかないのが物欲党の悪い癖で、変えられるなら試してみたくなっちゃうんですよね(笑)


ではお決まりの計量です。

R0012157.jpg


こちらがRD5700に付いていた純正プーリー。
2つで19gです。

続きましてこちらがデュラプーリー

R0012158.jpg

2つで16g。これは!?


違いがよく分からないぞ・・・(-_-;)


そりゃプーリーなんぞ軽量化したところで違いなんか分かりませんよ ┐(´-`)┌. ヤレヤレ


この2種類のプーリー。大きな違いはベアリングにあります。

105(5700)のプーリーはブッシュベアリングといって、簡単に言うと軸の部分が摩擦抵抗の低い金属同士が擦れて支えているといった感じでしょうか?

正直これでも全然問題ありません。「あー、プーリーの回転が渋いなぁ。やっぱりベアリングの問題かな?」なんてことはロードに乗っていて一度も思ったことがありません。

一方、デュラ(9000)のプーリーはご存じボールベアリングです。軸をボールで受けるベアリングですね。回転時の摩擦が少ないのが特徴です。

R0012160.jpg

隙間からボールが僅かに覗いて見えますが、お分かりになるでしょうか?

あとは見た目ですね(笑)肉抜きがされ軽量化が図られています。スゴイですねー。こんなところまで削って。ゴミが挟まらないか心配です。


デュラのテンションプーリーは回転方向が決まっているようで、プーリーに刻印されているとおりの向きでセットします。スプロケットと同じ回転方向ですね。

R0012161.jpg

スモールパーツって心躍りますよね?踊りません?あれっ?

プーリーを交換したら、巡航速度が3km/h上がったとか、ギア1枚軽い感じとか、坂を楽に登れるようになった、などといいう話もありますが、どうやらいずれも気のせいみたいです。
どちらかというとスピードよりも変則性能への影響の方が大きいのでしょう。この点、純正品で現状の構成と互換性が保証されているのは心強いですね。


R0012170.jpg

実際乗っていないので(外は雨ですから)その効果の程は分かりませんが、軽く回してみたところ、105純正とは明らかに音が違いますね。これはかなりの効果が期待できますよ!(乗り手のモチベーション的な意味で)。


これでチェーンとプーリーがデュラエースに♪
パナチタンのデュラ化が進んでいますね(笑)

さて、到着したパーツはまだあります、次回こうご期待!


今日もご覧いただきありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。よろしければご協力ください♪
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ  にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ   にほんブログ村 自転車ブログへ
ロード乗りの方   クロス乗りの方  とにかく自転車好きな方
関連記事
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可する