ノーマルクランクってどうなのよ?

Category : メンテナンス・カスタマイズ
先日、速い人でお馴染みのりゅーせいさんから勇者の剣を授かりました。

はい、ノーマルクランクです。

IMG_0946.jpg

矢野口のローソンでブツの受け渡し(笑)

某GUTTIさんがRIDEAの楕円リング(アウター53T)を使っていた時に、
機会があってペガサス号に少し乗せてもらいました。
登りは回すことが出来ませんでしたが、平地の感じは良かったんですね。
もしかするとノーマルクランクでもいけるんじゃないか?とTwitterで呟いたところ、
りゅーせいさんか6800ならうちに余ってますよー。と、お声を掛けていただきました。

IMG_0957.jpg

一般家庭にアルテクランクは余ってるものなんですね。

P6061388.jpg

で、早速取り付けてみました。アウター52T、インナー36Tとノーマルクランクでも歯数が一番控えめな構成です。
てか、これ以上は無理!

IMG_0959.jpg

フロントディレイラの位置を調整して、チェーンを交換します。あ、チェーンは調子に乗ってDuraです(笑)

足回りが暗い色になると自転車が締まって見えますね。レーシーになったかな?
ちなみにペダルはSPD-SLに戻してあります。
しばらく輪行はしないだろうし、シューズも新しくしたし(いつの間に!?)

巷の噂によると、ノーマルクランクはコンパクトよりもギア1枚くらい重くなる感じとのこと。
そりゃ前ギアが大きくなるんだからそうでしょうね。

実際に乗ったところ、確かに1枚分くらい重いかな?といったところ。
しかし、元々あまり回すタイプではないので、ここは忍法気にしないの術(笑)
ちょっとトルクを掛けるといつものケイデンスに上がります(75~85rpm)。
つまり、スピードが上がっているということですね。
実際にメーター読みでいつもより+2km/hくらい出ています。これは、プラシーボ効果なのか?!

何と言うか、ペダルに上手く体重が乗っている感じがしますね。
軸は膝や前太腿ではなく臀部付近にあって、必要以上に引き足を意識せず、自然と上体が前傾になります。
コンパクトでも同じギア比を出せるのでしょうけれど、力の伝わり具合がいいのか、加速がスムーズです。

こりゃノーマル使っている人が速い訳だ。
いや、速いからノーマルを使うのか?

でも今コンパクトを使っている人が、「速くなるならノーマルクランクにしようかな?」とはならないですよね?
そう、登りの問題がありますもんね。

11速化が進んだ今、リアに28Tを積んでいれば大体の坂は登れると言われますが、
それはフロントがコンパクトであることが前提になっている気がします。
僕のような貧脚は前34-後28だって辛い坂は辛いんです。

で、僕のような脚質「貧」な自転車乗りがノーマルクランクで坂を登れるのかを確かめるべく行って来ました。

和田峠!

近所にランド坂や連光寺坂があるんですけどね。でもやっぱり和田に登ってナンボじゃないですか?(謎)

陣馬亭から頂上まで足つき無しで登り切りましたよ。スタート直後からインナーローでしたけど何か?

ヘアピンのインナーはコンパクトのときならシッティングのまま走れたのですが、今回は無理でした。
ダンシングを多用して登りました。完全に休むダンシングでした。

IMG_0963.jpg

絶対的に脚力は足りていないのですが、それでもノーマルクランクで何とか登れます。
タイムは20分57秒と決して速くはないですが、あと1分くらいなら縮まるんじゃないかって気がします。
この夏の間に20分切りたいですね。

P6061389.jpg

和田からの帰りにド平坦の道でどれくらいスピードが出るのか必死で回してみました。
ガーミンのスピードなのであてになりませんが、表示は55km/hまで上がりました。

うん、これならエンデューロでも集団に着いていけるんじゃないかな。

とにかく、ノーマルの構成は僕の脚には合っているようで、こいつでロングやエンデューロも
走ってみたくなりました。
しばらくコンパクトには戻れないなぁ(´∇`)

P6061390.jpg

和田峠で唯一眺めが良い場所。

今週も行こうかな?

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

Comment

ノーマルクランク換装おめでとうございます!
しかしながら自転車の絵面がボクのバイクとますます空似(笑)

>>GUTTIさん

多分コンポの中で一番目立つのがクランクセットなんでしょうね。
なので、その見た目で自転車の印象が大きく変わるんだと思います。

あれ、チタンフレームでアルテクランクの人が確か・・・(笑)

初めてロードを買った頃は

コンパクトクランクが存在していなかったので、初ヤビツも、初黒野田林道も、和田峠(一回きり)も52-39で登ったことになります。
ニュアンスが異なるけれど、スプロケットの28も同じような得失がありそうに感じていたところで、このブログがギア比を考え直す良いきっかけになりました。

突然思い出したのは、車で美ヶ原に行った時に出会ったローディがノーマル+23tだったこと!

始めまして、かれ〜うどんと申します。
和田峠、ノーマルクランクのキーワードに惹かれてブログ村から飛んできました!

あのヘアピンカーブをイン側を登られるとは凄まじい!
軟弱者のわたくしは、外側ギリギリを走って斜度から逃れてなんとか…
そんなレベルでした。

>>ラルゴさん

お久しぶりです。って、僕が幽霊部員化しているだけですね(笑)

登れる人はどんなギアでも登ってしまいますからね。ただ、一般人はなるべく軽いギアが欲しいと思ってしまうところです。

ギア比一つとっても自転車は奥が深いですねぇ(*_*)

>>かれ~うどんさん

初めまして。和田峠、ノーマルクランクの単語だけ聞くと剛脚っぽいですが、実際はヘタレそのものです、申し訳ありませんm(_ _)m

イン側を攻めるというか、ずっとキープレフトで走っているだけですね(笑)結構スピードを出して下ってくる人もいますので、なるべく端っこを走っています。
午前中縛りで登りたいときに和田は丁度良い距離なんです。登りで見かけたときは構わずサクッと抜かして行ってくださいね~(+_+)
非公開コメント

プロフィール

セバス(SebasPSA)

Author:セバス(SebasPSA)
2012年10月、ロードデビューしました@Panasonic ORT15。
休日は尾根幹や多摩サイを中心にファンライドしています。
自転車ネタを中心に、書籍、音楽、デジタルライフ、お酒、料理の話など諸々。
※ご質問等は該当記事または最新記事コメントにてお願いします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
☆☆相互リンク大歓迎☆☆彡


アクセスカウンター
ご訪問ありがとうございますm(_ _)m
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR