スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真稜 純米

Category : 日本酒
出張のお土産として新潟駅の日本酒館で真稜の純米酒をゲットしてきました。

真稜 純米酒1

逸見酒造さんの真凌です。(リンクは公式P)


ん、逸見・・・?
エリカぁぁぁぁあ!!

逸見(いつみ)ではなくて、逸見(へんみ)酒造さんです(笑)
佐渡の酒蔵さんですね。知らなかったのですが、佐渡島の日本酒は有名なようで、いずれの酒蔵も地元ではかなりの高評価とのこと。この真稜も新潟勤務の先輩方に勧められて購入したものです。

公式HPにありますが、佐渡で一番小さな蔵元さんとの事ですが、「佐渡の地酒」を誇りを持って作り続け、なるべく加工をしないスタンスを貫きます。どれどれ、ようやくお手合わせ頂く時が来たようですね。

箱から出して栓を開けます。
四合瓶を主に飲んでいると、この封切りの瞬間を頻繁に味わえるので何故か得した気分です。

さて、どうかな?

・・・うん、これは危険だ(笑)

THE新潟のお酒という感じの淡麗。スッキリした口当たりに、ゴクリと飲める爽快な喉越し。香りは強過ぎず、何者も邪魔せず、しかしそこに自らの存在感をしっかり残す。冷酒でコレは深酒必至だなぁ。参ったなぁ。
そしてこのお酒、口に含む時間を少し長くすると純米酒ならではのお米の柔らかい旨みが広がります。まるで優等生が気まぐれにイタズラをしたような。新潟淡麗酒のマジックです。

さて、あっという間に冷で半分飲んでしまったので、残り2合は燗で頂きます。

冷酒ですっきりと飲める日本酒は、出来れば冷酒のままで飲むのがいいのかも知れませんが、そこを敢えて燗にしてみるのもお手軽日本酒の良いところですね。何事も挑戦!

で、この真稜は燗でもイケル!
劇的な変化という訳ではないですが、冷酒の個性をそのままに、角を余計に取り過ぎず、味に深みが増した感じです。数年ぶりに会った同級生が当時とあまり変わっていなかった。けれど、やっぱり雰囲気とか所々大人になっていることに気付いてドキっとする感じですかね(謎)

真量 純米酒2

これで新潟出張のお土産シリーズは終了。
次に買う新潟のお酒の銘柄は決まっているので、近々仕入れて来ようと思います。

新潟といえば、今年の直江津集合は参加できるのかなぁ?
自走は無理でも宴会だけ参加して酒蔵巡りしてもいいかな(笑)長岡の上司のところに顔を出しておごってもらおうかな(爆)



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

Comment

非公開コメント

プロフィール

セバス(SebasPSA)

Author:セバス(SebasPSA)
2012年10月、ロードデビューしました@Panasonic ORT15。
休日は尾根幹や多摩サイを中心にファンライドしています。
自転車ネタを中心に、書籍、音楽、デジタルライフ、お酒、料理の話など諸々。
※ご質問等は該当記事または最新記事コメントにてお願いします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
☆☆相互リンク大歓迎☆☆彡


アクセスカウンター
ご訪問ありがとうございますm(_ _)m
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。