FC2ブログ

いつまでたっても未完成

ご近所ポタリストの自転車ブログ

 >  日本酒 >  北雪 純米酒

北雪 純米酒

駅前の酒屋に置いてある新潟のお酒シリーズです。
第一弾は鶴齢の純米でしたが、第二弾はコチラ。

北雪純米1

北雪 純米酒(リンクは公式HP)

このお酒も新潟出張の時に飲んだ佐渡のお酒です。
以前ご紹介した真稜と同じく佐渡島のお酒です。期待できますね!

最近は燗酒にして飲む事が多いので、本醸造や純米で美味しいお酒を探すのが急務となっています(謎)
新潟ではこの北雪の金星という普通酒を冷でいただいたのですが、食中酒としてかなり秀逸で、飲み飽きしない素直なお酒だなという印象でした(燗酒でも飲みたかった。)。
今回は家でじっくり構えて飲めますので、きっと燗でも美味しいであろう純米酒をゲットしたわけです。

まずは冷でいただきます。お猪口に注ぐとふわっと優しいお酒の香りがします。
ワイングラスや口の広い器に注げばもっと香りが立つでしょうね。純米酒では芳香がある方だと思います。
口に含むとやはり淡麗ですが、みずみずしさの中にほっこりとした旨さを感じます。飲み込む段になって喉の奥でようやくお酒を感じる、キレが良いとは少し違った抜けの良さ。グイグイ飲んでしまう危険な感じは真稜と同様に佐渡のお酒の怖いところですね。

そして、この北雪も越後淡麗の一派なわけで、これで純米吟醸じゃないなんて、と思う程のスッキリ感。
大吟醸のようによく冷やして飲むと本当に水のように飲めます(笑)

純米なので燗酒にも期待。
うん、旨い!体に沁みると言うよりは馴染んでいく感じ。後味スッキリなので次から次に杯が進みますね。燗にすると少し甘みが増す印象ですが、食事を邪魔するような事はありません。
鍋と一緒に飲むには少しボディが弱い印象ですが、白身の焼魚となら相性は抜群ではないでしょうか。

北雪純米2

新しい事に次々と挑戦していく攻めの姿勢の酒蔵さんですので、これから送り出されるお酒も楽しみにしたいと思います。
新潟のお酒シリーズ、そろそろ王道の八海山か〆張鶴をいただきたいですね。

あ、でもその前に、先日仕入れてきた栃木のお酒シリーズを先にいっちゃいますか(笑)


関連記事
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可する