FC2ブログ

いつまでたっても未完成

ご近所ポタリストの自転車ブログ

 >  日本酒 >  天鷹心 純米大吟醸

天鷹心 純米大吟醸

またまた栃木のお土産シリーズです。

天鷹心1

天鷹心 純米大吟醸

栃木県大田原市の天鷹酒造さんのお酒です(リンクは公式HP)。

僕は数年間ですが大田原に住んでいた事もあり、天鷹は懐かしいお酒です。
天鷹酒造さんは大田原市蛭畑という地区にあり、周りは田んぼと道路と山しかありません。旧湯津上村だったこの辺りは、古き良き日本の原風景が残っています。自転車で走ると気持ちいいんですよ。エスケープポイントがないのでハンガーノックになった時はつらくて仕方なかったんですけどね。住んでいる人は職場が遠くて不便で仕方がないと言っていました(汗)

さて、このお酒は天鷹心という名前ですが、天鷹シリーズは沢山あり、「天鷹ふるさとの絆」というお酒もあります。地元では「天鷹」で一括りにしているのですが、純米大吟醸の心は少し良い事があった時などに飲むことが多い印象です。決して希少価値があるという訳ではないのですが、そんな感じです(笑)

肝心のお味ですが、さすが純米大吟醸、スッキリした飲み口ですが、口に含むと米の香りと、少しずつ飲むのに丁度良いお酒の味が広がります。香りは比較的控えめな印象ですが、味も香りも食中酒としてはこれくらいが適切かなと思います(お酒とツマミだけならもう少し癖があった方が好みです。)。

僕は純米大吟醸でも燗酒にしてしまうのですが、天鷹心もぬる燗にしてみました。
燗酒にすると、冷よりも米の味が全面に出てきます。香りはあくまで控えめで、やはり食事の邪魔をしない良い塩梅です。
焼鳥(タレ)やモツ鍋などの味の濃い物にも負けず、かつ、刺身や豆腐などのサッパリ系と合わせても食べ物の味を邪魔しない。何にでも合わせる事ができるオールラウンダータイプのお酒です。

天鷹心2

純米大吟醸ですが、1800円程度と非常にリーズナブルです。少し大きめの酒屋さんには置いてあることがあるので、見かけた際は是非ご賞味下さい。

関連記事
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可する