FC2ブログ

いつまでたっても未完成

ご近所ポタリストの自転車ブログ

 >  ツーリング・ポタリング >  DBK300回記念オフで名栗まで

DBK300回記念オフで名栗まで

DBKは、正式名称を土手端会議といって、多摩川の土手(国立と狛江)で毎週水曜日に自転車で集まって土手端でおしゃべりする会のこと又はそこに集まる自転車乗りのチーム名のこと(出典:Wikipedia)。(誰か登録しないかな?)
Read More

で、そのDBKが300回を達成したんだか、するんだかということで、記念のオフ会が開催されました。
僕は最近完全に幽霊部員化していたのですが、何と前日の晩に急きょ嫁から「行ってよし」の御裁可がおりたので、準備もそこそこに参加表明をさせていただきました。

記念オフ第一弾は名栗のターニップに行くということだったので、数年ぶりに焼きカレーが食べられるぞと、期待に胸を膨らませて家を出発したのでした。



是政橋にて。絶好のサイクリング日和。ホント、こんなに天気が良い日に外出できるだけで神仏に感謝の意を表したい。

多摩サイの国立折り返しには、既にメンバーが集合。
甘々ミルクティーでお馴染みのショウさんから麦茶をごちそうになり、みんな揃って集合写真。
(以下、集合写真はでっちーさんカメラで撮影。)

img_20171009204213ef2.jpg

多摩サイを北上し、拝島橋でカンナさんと合流。小作の辺りから青梅方面に方向転換して成木街道へ。
コース的にはAJたまがわの定峰200とほぼ一緒。岩倉街道を抜けた辺りから登りスタート。
ブランクのある脚には緩い登りも地味に効く~(苦笑)

PA090004.jpg

議長を抜かさぬよう、よく訓練されたメンバーたち。

小沢峠の石碑前に集合となり、それぞれのペースで登ります。
僕は早々に到着してしまったのですが(足が限界!)、後方でメンバーがパンクしたという情報を得て、そこまでお迎えに下ることにしました(限界に挑戦!)。だって、折角ここまで来たんだから登っておきたいじゃないですか?

2度目の小沢峠では、先行隊に置いていかれてしまいました。
待ってるって言ったのに・・・。

遅れを取ってはいけないと、後発隊も先を急ぎます。

で、正午ちょっと前にターニップ到着。大盛況で、少し待つかなぁとそわそわしましたが、タイミングよく団体さんがお帰りになり、12人全員で店内に入れました(12人って多いですね)。

PA090013.jpg

結構待ったぞ焼きカレー。

待っている間にカメラ談義に花が咲いて面白かったです。
やはり、一眼を担いでロードに乗るにはミラーレスが最強なのか。いや、ミラーレスは一眼と言えるのか。何そのアプリ、一眼やコンデジ要らないじゃん。キャノンの画像エンジンは凄いけど信用できるのか。ソニーはいいぞ・・・・・・

img (1)

ターニップの前で記念写真。
よし、レンズよりも先にヘルメットを新調しよう。もうところどころ剥げてるんだよね。

カンナさんはこの後、秩父に向かいました。
元気で時間がある人は良いなぁ。僕もご一緒したかったのですが、いろいろ無理でした(笑)
あぁ、心ゆくまで自由に走りたい・・・。

帰りは下り基調なのでダラダラと(小沢峠以外はね)。

img (2)

ここでも集合写真。
300回おめでとうございます!
ん、誰だ、3本ピース以外の人!

DBKといえば、お決まりのセブン休憩。
なぜかセブンが多いですね。やはりセブンカフェのせいかな?

PA090014.jpg

前日は山登りだった人もいるようで(笑)タフだなぁ。

新奥多摩街道を南下しますが、やはりこの道は信号ストップが多い。
インターバルトレーニングだと思えば気が紛れますが、それでも足は削られます。

PA090016.jpg

多摩サイに出て国立折り返しでゴール。
そして解散。今回もパンクありの事故なしで、ネタも回収しつつ無事にオフ会が終了しました。
往復120km弱。とても楽しく走れました。

300回もDBKが続いたのは、議長である林檎さんと、DBKという場を大切にするメンバーの努力のおかげです。
僕は全然お役に立てていませんが、いつか時間が取れるようになったら、またオフ会を立ち上げたりしたいなと思っています。

この先、400回、500回とDBKの益々の御発展を祈念いたします。


帰宅は予定より1時間遅れた午後5時ちょっと前。
この後いろいろ大変だったのは、また別の話(涙)

関連記事
スポンサーサイト



Return

コメント






管理者にだけ表示を許可する