スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3年ぶりに河津桜を見てきた

Category : ツーリング・ポタリング
先週の土曜日に河津まで桜を見てきました。
当ブログの記事を見返してみると、伊豆を走ったのは3年ぶりだったみたいですね。3年前は自宅から自転車で走ったようですが、今回は小田原まで輪行をして、余裕のあるタイムスケジュールで臨みました。




午前8時に小田原駅を出発して、伊豆急下田駅に着いたのが14時半。100kmちょっとの道のりを6時間以上かけて走っているのだから、相当ゆっくりペース。寄り道したり休憩したりしたので仕方がないのですが、何と言っても伊東から先は風が強かった。天気は良かったものの、風が強くて自転車日和とは言い難い。川奈周辺では下りなのに風で自転車が止まってしまいそうになるほど。久しぶりの100km超のライドでしたが、なかなかハードなコンディションでした。


P2170418_convert_20180224225855.jpg

桜にメジロ。いやー、メジロって撮るの難しいですね。それにしても可愛かった、ぐーかわです。夢中でシャッターを切りましたが、この日持っていたのがXZ-10なのが悔やまれました。いや、これだけ発色よく写ってくれているので良くやってくれたと褒めるべきですね。メジロの目線が来れば桜のピンク、空の青、メジロの緑で素晴らしいトリコロールが完成したのに。

あと、冒頭の写真もそうですが、これらは熱海にある河津桜です。
結論から言うと、河津の桜は咲いていませんでした(汗)
去年は2月の2週目の週末に満開だったようですが、そうか、今年は寒いんだったと、現地に着いてから気付くなど。去年の情報で見当をつけるなど何という情弱(笑)


IMG_5287.jpg

今回の目的地の一つ、城ケ崎海岸。
初めてここに来たときに、チームのメンバーでつり橋の上で度胸試しをしましたね。両手を後ろ手に組んで胸を手すりに預けるなど。ともあれ、相変わらずの海の青さに感動したりして。伊豆は本当に海の青が綺麗。


IMG_5292.jpg

河津川添いの桜並木。
見事にボウズ!そして風が強くて露店の商品が道に飛ぶ!
帰りの電車内のアナウンスによれば1分咲きだそうで・・・。


IMG_5303.jpg

今回一番よく撮れたと思う写真。白浜海水浴場での1枚。桜は咲いていなかったけど、この写真が撮れたのでよし。この他にも結構良い写真が撮れました。
遠くに薄っすらと伊豆大島が見えます。白浜の名のとおり、砂浜が白く、海が青く、人もおらず、控えめに言っても最高でした。南の島と言っても信じてしまうかも。
砂浜にロードバイクを放り投げるという行為がどれほどの愚行かは、自転車乗りには分かっていただけるでしょう。


IMG_5298.jpg

iPhoneでパノラマ撮影をした尾ヶ崎ウィングからの景色。
伊豆を初めて走ったときに、尾ヶ崎ウィングから見た夕日に感動したのを今でも鮮明に覚えています(もちろん思い出補正はあると思いますが)。この日は少し時間が早く、太陽がまだ高かったのですが、夕陽一歩手前くらいの時間にここから海を見ると、一面黄金色に輝く相模湾が一望できます。
ここに来ると、下田までもう少し。


IMG_5309.jpg

強風の影響で到着が1時間遅れてしまいました。
子どもの風呂の時間までには帰宅する約束だったので、パナチをパッキングして、土産も買わず、何も飲まず食わずで電車に乗り込みました。もう少しゆっくりしたかった(涙)


IMG_5317.jpg

電車を乗り換えた熱海で買った唯一の伊豆っぽさよ(寒かった)。
桜が咲いていなかったおかげで、帰りの伊豆急はガラガラでした。輪行しやすくて助かりました。


次は夏の伊豆を走ってみたいと思います(あと、何とか一眼を持ってけないか検討しよう)。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

セバス(SebasPSA)

Author:セバス(SebasPSA)
2012年10月、ロードデビューしました@Panasonic ORT15。
休日は尾根幹や多摩サイを中心にファンライドしています。
自転車ネタを中心に、書籍、音楽、デジタルライフ、お酒、料理の話など諸々。
※ご質問等は該当記事または最新記事コメントにてお願いします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
☆☆相互リンク大歓迎☆☆彡


アクセスカウンター
ご訪問ありがとうございますm(_ _)m
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。